定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 2学期終業式が行われました。

学校からのお知らせ

2学期終業式が行われました。
2018年12月21日

 12月21日(金)、全員で校内の大掃除を済ませて給食室に集まり、最初に表彰伝達が行われました。河野校長から次の二名に賞状や楯、記念品などが手渡されました。

 〇野元孝通さん(2年)

石澤奨学会理事長賞(全国定通体育大会バドミントン競技 敢闘賞として)

  ※全国定通体育大会(8月)バドミントン競技の出場選手の中から1名だけ授与される大変名誉な賞で本校としては初めて、大分県としてもめったにないことでした。

  

 〇山下郁音さん(1年)

第63回大分県定時制通信制生徒生活体験発表大会 優良賞 

  ※クラス代表として校内発表会に臨み、1年生ながら学校代表として爽風館高校の体育館で大勢の他校生の前でも堂々と発表し、感動を与えてくれました。

 

〈終業式校長式辞〉

 2学期のいろいろな行事を振り返り最も印象深いのは、体育祭で生徒と一緒にダンスを踊ったこと。ある生徒からの誘いがあり、それに乗ったことによって実に楽しいハッピーな思い出ができたということでした。9月の始業式での式辞「人と人とのつながりを大切に」するということの実践だったようで、人とのつながりを大切にすることで、(思い出だけではなく)新しいアイデアや解決策も生まれてくる!というお話でした。「日田市ではインフルエンザが爆発的に流行っていますが、気をつけて元気な姿で3学期お会いしましょう!」と締めくくりました。

 → 2学期終業式校長式辞

.

〈諸連絡〉

教務より

2学期の欠点のほとんどは欠課時数オーバーによるもの。3学期にはリベンジを。学校生活アンケートでは、7月にポイントが低下しましたが、この12月で4月当初に戻っていました。1月に各種委員会や生徒総会があります。学校生活に不満がある人は、「こんなことを直してほしい」「こんな行事をしたい」など、学校への提案を考えるよいチャンスととらえてください。

.

生徒指導より

長期休暇後の始業式の日が、自殺する児童生徒の数が最も多い。先日のクラスマッチでは、皆さんの笑い声や笑顔に触れることができた。全校生徒35名の一人一人が「いい学校にしよう」「行きたい学校にしたい」と思ってほしい。嫌なことをされている友だちのことを先生に相談するのは決して「チクリ」ではなく、友だちを助けるための正当な行為である。一人一人の勇気が大事。最後に、飲酒運転は「人生を棒に振る愚行」である。(年末年始は要注意!)

.

特別活動より

多くの行事を生徒会中心に企画して盛り上げてくれてありがとう。満足度は目標の70%を大きく超えていました。学校行事には笑顔もあるが衝突もあり、いろいろあるからこそ分かり合えるし、学校行事が成り立つ。今年のテーマ「やってみよう!」を実践してくれてありがとう。まだやってない人は、3学期に何か「やってみよう!」

.