定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 大分教育の日「給食体験」「授業公開」多数の来校ありがとうございました!

学校からのお知らせ

大分教育の日「給食体験」「授業公開」多数の来校ありがとうございました!
2018年11月07日

11月5日(月)~7日(水)の3日間で平成30年度「おおいた教育の日」関連事業として給食体験・授業見学が行われ、本年度は22名の参加者となりました。
定時制高校の様子を知ってもらいたいという目的で毎年実施されています。
国際ソロプチミストの方、日田高定時制での学習に興味のある方、在校生の保護者・家族と様々な方が参加してくれました。
3日間を通してほとんどの参加者から「参加してよかった」、「給食がとてもおいしかった」、「授業や給食で定時制の様子が見られてよかった」という声が聞かれました。

 「給食体験」の様子

  多数の方に、定時制の給食をたっぷりと堪能していただきました。

感想 

・お魚のフライ、お汁物、もやしのカレーあえ、味ごはん、バランスが取れていておいしくいただきました。
・味付けがよく、考えられていた給食でした。
・私の好物ばかりでおいしくいただきました。
・味付け、量ともにちょうどいい。学生さんは多めに食べられるのでしょうね。
・ごはんがおいしかった。
・できたてで、あったかい料理でした。調理場の方もやさしく対応して下さりました。給食室は清潔で、生徒さん達は規則を守り、楽しそうに、おいしそうに食していた様子がうかがえ、参加してよかったと思いました。有難うございました。
・食事があたたかく、量も個人に合わせて選ぶことができることに感心いたしました。美味しかったです
・暖かい食事をいただけ、心もあたたかくなりました。ごちそうさまでした。
・とても美味しかったです。自分達で食器を下げるのはとても良いことだと思います。
・じゃが芋のそぼろ煮は味がしみ、うす味でとてもおいしくいただきました。バランスのよい食事でした。
・そぼろ煮はやさしい味でとても美味しかった。酢の物もおいしくバランスもよかった。
・そぼろ煮はとても美味しかった。すべてのお味が良く、熱いうちに食せる幸せを感じました。
・手作りで、味がよくしみていて、とてもおいしく頂きました。今度、家でも作ってみようと思いました

「授業参観」の様子

 給食体験の後、ほとんどの方が授業を見に行かれていました。世界史の授業では一緒に授業を受けられていました。

感想

・わかりやすい授業でした。スライドを使うのはいいと思います。
・iPadを使った授業はわかりやすい。
・調理実習を見学しました。みんな楽しそうで、美味しそうにできて感心しました。
・調理実習でした。1年生で女子の方は手際よくできていましたが、男子の方は大変でした。
・時間内にどうにかオーブンに入り、ほっとしました。皆さん色々な理由があると思いますがみんなで協力しているところがよかった。クラスによって印象が様々であった。
・意外と明るく楽しそうだった。
・先生と生徒が親しみやすい授業をされていた。質問もよくされていた。
・なつかしい授業を見学できて、もう一度、学生に戻りたい気持ちになりました。先生方の一生懸命さが伝わってきました。
・生徒となって、もう一度、授業を受けたいと思いました。
・けっこう授業に参加して楽しく学習している様子が見られました。
・ビジネス基礎の授業ではお金についての話で、メキシコのお金がプラスチックでできていることを知り、私自身勉強になりました。
・お金が劣化して使用できない事があるなど、改めてこちらが気づいた事がありました。
・現代社会は、生徒と先生がかけ合いをしながらの授業で楽しそうに学んでいる様子だった。
・先生の授業をよく聞いている様子がわかった。
・先生方も出来るだけ解りやすいように授業を工夫して進めていると思いました。

全体を通した感想

・保護者として最後になると思い参加しました。4年間来ましたが、給食が食べられるのはすごくいいと思いました。もっと参加する保護者が増えるといいですね。
・生徒さんの数が少なくなってさびしく感じました。
・指導する先生の苦労がよくわかりました。がんばって下さい。
・先生方が大変だと思いました。
・4年間で無事卒業できますように。生徒さん頑張って下さい。
・一生懸命さが伝わってきます。参加してよかったです。ありがとうございました。
・先生方の生徒に対する心遣いをとても感じました。興味を向けさせることの大変さ、本当にお疲れ様です。
・自由な感じも良いと思います。生徒のモチベーションややる気を起こさせるのが大変だと思います。
・授業参観、ありがとうございました。生徒さん達も大変でしょう。頑張っている姿を見ることができました。
・働きながら学校に通っている生徒さんの意識をたのもしく思った。
・定時制は無くしてはならないと感じた。