定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 平成30年度2学期始業式 式辞

学校からのお知らせ

平成30年度2学期始業式 式辞
2018年09月03日

2学期始業式 式辞

 

夏休みが終わり、2学期が始まりました。どんな夏休みだったでしょうか。全国大会出場者はお疲れ様でした。
で、なんかいいことありましたか? 逆に、よくないこともあったかな? ここで具体的に言う必要はないですが、ちょっと隣の人に話せるかな? 話せる人はどうぞ。話しづらい人は、あとで先生にでも伝えてください。
いいことでも悪いことでも他人と話をすることは人としてとても大切だと思います。話すことで、すっきりしたり、自分の考えていることが見えてきたり、なにより落ち着くはずです。話すことで、自分の思いや考えがまとまる効果もあるはずです。頭の中にため込まずに、「なりたい自分を発見する」ためにも是非、いろんな人に話しかけてみてください。
逆にもし、ねぇねぇ聞いてよ、と人から話しかけられたら、時間があればぜひ聞いてあげてください。ふーん、なるほど。そうなの。たわいのないことでも、納得がいかないことでも、まずは聞いてあげる。それは人助けになりますから。人の話を聞いてあげることは、他者への思いやりだと思います。ぜひ人助けをしてください。それにあわせて、この人はこういう考え方をするのだ、という人の見方や相手への理解が培われるはずです。同時に、自分ならこうする、ああするという思いや考え方も生まれてくるはずです。自分の人生観も養われるはずです。
さて、今日から2学期です。授業だけでなく、さっそくバス遠足に生活体験発表会、体育祭や修学旅行にクラスマッチ、いろんな行事が予定されています。また、就職希望の人はそれに向けた活動も具体的に動き出します。2学期だからということではありませんが、普段の生活でも学校だけでなく、家庭や企業にあっても一人でできることは一つもなく、誰か彼かと一緒に何かをしなければなりません。そこでは、人と話をすることが不可欠です。人と話をすることを通じて、自分自身を見つけ、自分のいいところや変えるべきところも見えてくるはずです。そして、話を通じて相手を理解することを心がけてください。自分から話をするのが苦手な人は、聞き手になってあげてください。人の話を聞くこと、人に優しく、思いやりを持って接することは自分もハッピーになるはずです。
ぜひ、人と話をして、話を聞いて、人とのつながり・かかわりを大切にしてほしいと思います。2学期も前を向いて、元気に過ごしましょう。

                                      平成30年9月3日(月)

                             校長  河 野 仁 彦