定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > バドミントン全国大会報告

学校からのお知らせ

バドミントン全国大会報告
2018年08月19日

全国高等学校定時制通信制体育大会 第20回バドミントン大会が、神奈川県小田原市にある『小田原アリーナ』を会場に、8月16日から4日間の日程で開催されました。
本校からは、科目履修生クラスの日隈美里さん、2年生の野元孝通さん、藤井巧麻さんの3人が、大分県チームのメンバーとして、爽風館高校の生徒たちと一緒に出場しました。
大会2日目に行われた男女団体の1回戦。先陣を切って女子チームが試合に臨みました。
ダブルス1試合とシングルス2試合の3試合行い、2試合先取で勝利する団体戦では、最初のダブルスで勝つとチーム全体が勢いづきます。
その大事なダブルスを、爽風館高校の生徒とペアを組んで日隈さんが戦いました。限られた時間での練習しかできませんでしたが、お互い声を掛け合いながらプレイし、2-1で見事勝利しました。その後のシングルスも2連勝し、大分県チームは3-0で徳島県を圧倒し、2回戦進出を決めました。
大会3日目、男子チームは2回戦からの登場でした。野元・藤井ペアがダブルス戦に臨みましたが、緊張のため普段どおりのプレイができないまま0-2で敗れてしまいました。その後、シングルス1が勝利し1-1のタイに持ち込みましたが、シングルス2が敗れ、富山県チームに昨年の雪辱を果たすことができませんでした。
続いて行われた女子団体の2回戦でも0-3で東京都に敗れてしまい、大分県チームの団体戦は2回戦敗退で終わりました。例年、爽風館高校の生徒さんたちとチームを組んでプレイしていますが、今年は生徒同士の交流が積極的に行われていたので、2回戦での敗退がとても残念でした。
最後に、夏休み中の練習に参加したりドリンクの準備をしたり、様々な場面でサポートしていただいた皆さんに心より感謝しています。応援ありがとうございました。