定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > ソフトテニス全国大会報告

学校からのお知らせ

ソフトテニス全国大会報告
2018年08月10日

 8月9日(木)、台風13号の天気図と航空機や鉄道の運航(運行)状況をネットで探りながら、台風を追いかけるように何とか千葉県一ノ宮の宿舎にたどり着きました。現地では、8日(水)16時予定の開会式が中止となり、選手は9日午前中宿舎待機して、2時間半遅れで団体戦が始まったようです。

 本校の坂本愉衣さん(3年)・衞藤綾乃さん(1年)ペアは、10日(金)の個人戦から参戦しました。早起きして宿舎を7時に出発、8時から公式練習。日田高のユニフォームを着て少し緊張気味でしたが、25分間の練習を終えました。
 1回戦は、岩手県代表の杜陵高等学校・通信制のペアと対戦。0-2とリードされてから、第3ゲームでジュースを繰り返し、何度目かのアドバンテージでポイントして1-2に。次で1-3とされながらも、さらに粘って2-3と追い上げましたが、最後にサービスゲームを落としてしまい2-4でゲームセット。大舞台での緊張からか、最初に2ゲーム取られたことが悔やまれますが、粘り強く拾って打ち勝つ場面や、するどいリターンエースなどが見られ、台風一過の炎天の下、たいへんよく頑張りました。
 夏休み中の練習に仕事を終えてから出てきてくれた男子テニス部主将、武内陸斗さん(3年)、大原テニスコートまで応援に来てくださった教頭先生、練習相手をしてくださった長野先生、清竹先生、氷やドリンクの準備をしてくださった中野先生、梶原先生を始め、応援していただいた皆様に心より感謝申し上げます。