定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 平成29年度1学期終業式式辞

学校からのお知らせ

平成29年度1学期終業式式辞
2017年07月20日

1学期終業式 式辞 

 

 はじめに、今回の豪雨で被害に遭われた方々に心よりお悔やみ、お見舞いを申し上げます。
 今回の集中豪雨で、本校も2日間の臨時休校となりました。不安な日を過ごしたことと思います。先日も、下校時刻に大雨が予想されたことから、クラスマッチを切り上げ、下校としました。
 幸い、みなさんのご家庭では、避難生活を余儀なくされたところはありませんでしたが、全日制の生徒の中には、まだ自宅に戻れていない人もいます。同じ状況の方々が、日田市内にもおられます。
 今回の豪雨で、私たちは多くのことを学びました。自然災害の恐ろしさ、災害に遭った時の対応の仕方、多くのボランティアや救助作業にあたってくださっている方々のありがたさなど。
 集中豪雨の前の七夕の時期に願い事を短冊に書いて、みんなで飾りました。いろいろな願い事が書いてありました。私も、「みんなが健康で幸せでありますように」と書きました。当たり前かもしれませんが、今の私たちには一番の願い事ではないかなと感じています。
 さて、この1学期の始業式には、2年生以上の生徒のみなさんに2つのことをお話ししました。
 1番目に自分自身を大切にしてほしいということです。心や体の健康に気をつけて毎日を送れましたか?また、自分自身を大切にする意味でも、自分の将来の夢を考えることもできたでしょうか?
 2番目は、自分の周りの人を大切にしてほしいということです。みなさんのご家族、クラスの仲間や先輩、後輩、先生方、そして地域の方々に対して、みなさんの気持ちが届いたでしょうか?。
 この2つのことと今回の災害で私たちが学んだことは、共通する部分があると思います。自分を大切にする意味でも、自分の身の安全はまず、自分で確保する。そして、自分の周りの人が困っていれば、相手のことを思いやり、手をさしのべる。1学期が終わるにあたって、自分自身を大切にする、そして、自分の周りの人を大切にする、この2つがしっかり実行できたか、夏休みにじっくり考えてみてください。もちろん、夏休みにも実行してほしいと考えています。
 明日から、夏休みになりますが、困ったことがあったら、担任の先生に連絡してください。また、うれしいことやいいことがあっても、同じように連絡してください。みなさん一人一人が一段と成長できる夏となるよう、期待しています。 
 以上をもって、平成29年度第1学期終業式の式辞とします。

          

 

                                  平成29年7月20日(木)    

                                        校長 園田 康夫