定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 第4回グループエンカウンターを実施

学校からのお知らせ

第4回グループエンカウンターを実施
2021年07月07日

第4回グループエンカウンターが7/7に実施しました。

【1年生】

1年生は「なにがでるかな?サイコロトーキング」を行いました。1~6のトークお題をサイコロを振ってグループに話をする、その内容を聞いた人が感想をいうという活動でした。

1:スマホで聴いてる・見てる・やっているものは何?

2:一番にがてなもの(動物・ムシ・食べ物なんでもOK)は?

3:どんな能力でも1つだけ持てるとしたら、どんな能力にする?

4:タイムマシンで行くなら過去・未来どっち?

5:マンガ・ゲーム、何でもOK。どのキャラクターになりたい?

6:ドラえもんに道具を出してもらうなら、なに?

というお題でサイコロを振りました。自分の興味がある動画やアニメ、音楽を話す生徒もいれば、ドラえもんの道具で、レアものの道具の名前を出し、盛り上がるグループ、苦手な虫に笑い声をあげる生徒など、楽しんで活動をしていました。

振り返りシートでは、ほとんどの生徒が「楽しかった」「いろいろな話ができた」など前向きな感想が多く見られ、とても充実した活動となりました。

 

【2年生】

先週に引き続き、クラスでのグループエンカウンター3回目の実施で、今回は副担任がMC(進行役)を、クラス担任は「有能な」アシスタントを務めました。

今日は七夕だから…というわけではないのですが、「☆彡 流れ星」というエクササイズを行いました。MCから口頭でいくつかの指示をもらい、真っ白な画用紙に黒ペンで指示通りの絵を描いていきます。その後4人ずつのグループに分かれて完成作品を見比べると…。

まったく同じ指示を聞いたにも関わらず4人それぞれ、構図や対象物の大きさなど描き方が見事に異なり、どれも個性あふれる絵になりました。それは一体どういうことか?より正確な絵を描くためには、情報の伝え手がどのように指示すればよかったのか?受け手の方にも何か足りなかったのではないか?ということをグループで話し合いました。

二つめのエクササイズは、「さいころトーキング」。グループ内で、出た目のお題で一人1分間トークをしました。情報の伝え手として、また話を聞く受け手として、気をつけることができたでしょうか。

人と人がわかり合うための「コミュニケーション」ですが、発信側の伝え方によって正確さを欠いてしまうことや、受け手側の態度(頷き、口を挟まずに最後まで聞くなど)によってもコミュニケーションの質が違ってくることなど、にぎやか、かつ、和やかな雰囲気の中で学習できました。

 

【3年生】

 3年生は人数が少ないので、今回はクラス全体を1斑として「めちゃ×2したいことランキング!」に取り組んでみました。

 

 あらかじめ配布したランキング表から、自分のしたいことを

  ①「これからしたい」と思っていること

  ②将来してみたい「仕事」

  ③「こんな人」になりたい

という3つのテーマごとに分けられた選択肢から、

  「めちゃ×2(1)・めちゃ(2)・そこそこ(3)・できたら(2)・なりゆき(1)」

の5段階・9つを選んで回答してもらいました。もちろん、ランキング表に書かれていること以外を答えてもらってもOKです。

 そして、クラス全体の集計結果をパワーポイントのスライドにまとめてみました。自分とクラスメイトの考え方に違いがあるのかどうか、少し不安げな顔が並びます。感じたことを自由に発言してね、という前置きをして、3つのテーマごとに上映しました。

 へえ、ふーんという声が漏れるなか、順位の差はありますが、同じ項目が選ばれていて、「何か、意外と似ている」という感想が集まりました。つまり高校生どうし、同じような感性をもっているんだな、というまとめ(結果の共有)になりました。

 

【4年生】

 今年度第4回目を、7月7日にクラスで行いました。前回に続き全員参加で「2者択一」での話し合いとなりました。今回は各自が考えてきたお題を発表し、それについて意見を交換しました。内容も様々で人権に関すること、生き方、日常生活、メルヘンチックと5人で一回りするのがやっとで、あっという間の時間となりました。どんな題材でも話が膨らんでいくところが今の4年生のよさじゃないかと思います。このSGEを繰り返すことにより、人と関わることの楽しさを感じ取ってくれればと思います。