全日
林業科
|
機械科
|
電気科
|
建築土木科
全日
HOME > フォトギャラリー > 「ひた千年あかり」がありました。

フォトギャラリー

「ひた千年あかり」がありました。
2012年11月12日

今年も、日田を代表する祭りの一つである「ひた千年あかり」が11月9日(金曜日)~11日(日曜日)の三夜にわたり、林工すぐ横の花月川でありました。第1回目から林工全校での手伝いをしています。竹灯籠、オブジェの製作では各学科の技術を活かして係わっています。また、河川敷近辺に約2万本の竹灯籠を並べたり、オブジェの組み立てには全校の生徒、職員が参加しました。
最終日の日曜日はろうそくの大敵である『強風』の中、林工生は、わざわざ見に来てくれている人たちに、きれいなひかりの芸術を見てもらいたいとの思いから、風が吹けば消えるろうそくに向かい黙々と火をつけていました。

・林業科:竹の切断
・林産工学科:辻公園内のオブジェ製作(約5,000個のろうそく)
・機械科:金属製の指示金具製作
・電気科:看板の照明、竹の加工
・建築科:河川敷の「がんばろうひたの大看板」製作(一文字四畳半の大きさ、約1,500個のろうそく)
・土木科:河川敷のオブジェ「ひかりの川」製作(約2,000個のろうそく)

河川敷きの竹灯籠 土木科オブジェ全景
 千年あかり花月川のようす(上流側) 林工生が並べました。  千年あかり花月川のようす(下流側)これも林工生が並べました。
tentounoyousu オブジェ点灯のようす
 点灯のようす。足場がないので奥の方は大変です。 点灯のようす。細いところのろうそくを取り替えるのが大変です。
 河川敷点灯のようす  林産オブジェの川の部分
 点灯のようす。大勢の「点灯ボランティア」の人たちで一斉に点灯します。  林産工学科のオブジェ。毎年多くの人が楽しみにしているオブジェです。今年のテーマは「復興」です。
林産のオブジェ全景 建築科のオブジェがんばろうひた
 林産工学科のオブジェ。今年のテーマ「復興」を約5,000個のろうそくで表現しました。 建築科のオブジェ(写真中央左の「がんばろうひた」の文字)。一文字四畳半、約1,500個のろうそくで文字を描いています。
土木科オブジェかわ  募金活動
 土木科のオブジェ。約2,000個のろうそくで川を表現しました。ろうそくに火をつけるのが一苦労です。ストロボがなくても写真が撮れます。

林産クラブのメンバーによる「東日本大震災」の募金活動のようす。
林産クラブは九州地区代表として、全国大会へ出場し優秀賞を獲得しましたが、発表に祭、宮城県農業高校や石巻の人たちにお世話になりました。感謝を込めて行いました。 

NHKの取材のようす NHK取材屋外のようす
 千年あかりの準備風景が、千年あかり前日の11月8日NHK(九州版)に放映されました。