全日
林業科
|
機械科
|
電気科
|
建築土木科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度 校内研究発表会

学校からのお知らせ

令和元年度 校内研究発表会
2019年12月06日

 12月6日(金)に教職員対象の校内研究発表会が行われました。

 まず最初に研究授業が行われ、地歴公民科の安部統己先生、建築土木科の江藤慎也先生が工夫を凝らした授業を実施しました。

 安部先生は最新のICT機器を活用して授業を展開しました。1872年に80日間で世界一周を可能にした5つの要因を探りながら興味関心を引く授業をしました。生徒はもちろん教職員も魅了した素晴らしい授業でした。

江藤先生の授業はジグソー法を活用して実施しました。豆田町の環境や歴史をふまえたうえでどのような瓦や屋根が良いのかを探求する授業でした。

佐藤指導主事からは完成度の高い完璧な授業と講評を頂いたほど素晴らしい内容でした。

研究授業の反省会もあり、良かった点や改善点などの活発な意見交換が行われました。

    

 午後は電気科の中野学科主任より最新機器を活用した出前授業の報告と経過を発表しました。

プログラミングやドローン、燃料電池カーなどの動画や画像を交えた内容のある発表でした。最先端の出前授業ともいえる全容が確認でき、他学科にも刺激を与えた発表となりました。

 

 進路指導の鎌手先生からは進路指導の実践と就職率100%を長きにわたり維持できるチーム力・組織力の高さを伝えていただきました。会社・地域との連携も積極的に構築してチーム林工の更なる安定と成長が感じられる発表でした。

 授業改善においてはプロジェクトチームリーダーの竹本先生より、アンケート結果から改善に向けての取り組みや【つけたい力】の明確化による授業評価の確立、深い学びと協働授業のスキルアップが出来るジグソー法の活用・研修など多方面からの取り組み成果の内容を発表しました。

本校の授業改善のレベルの高さが確認できる発表となりました。

今日行われた研修を今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

  

  

kou