全日
林業科
|
機械科
|
電気科
|
建築土木科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度 工業部会学科別研修会(建築系)~BIM概要セミナー~

学校からのお知らせ

令和元年度 工業部会学科別研修会(建築系)~BIM概要セミナー~
2019年08月05日

本校において、8月5日(月)に株式会社建築資料研究社(日建学院)及び福井コンピュータアーキテクト株式会社の方々を講師に迎えて令和元年度工業部会学科別研修会(建築系)を実施しました。

大分県の3校(大分工業高校・鶴崎工業高校・日田林工高校)の建築科の先生方がBIMのスキルアップ研修に取り組みました。

研修目的は、

① BIMによって変化する新しい建築設計の概要を知ること

② 実際に操作してBIMの操作性を体験して魅力を知ること

③ ロボット産業やAIとの関連による未来の建築設計のビジョンを把握すること を 目的として研修を行いました。

講話内容は、

第1部は   『BIM概要セミナー』  ~BIM(コンピューター3Dの建物情報モデル)の解説 ~  

第2部は 『GLOOBEデモンストレーション』 

          ~ 日本のBIM建築設計システム GLOOBEの紹介 ~  

 

第3部は  『GLOOBE操作体験』  ~実際にソフトをさわっての操作性を体験 ~  

 

第1部・第2部では福井コンピュータアーキテクト株式会社の菅原 誠志 氏 がBIMの概要と活用、そして建築設計の将来像について、よくまとめられた資料と分かりやすいプレゼンテーションを駆使して講演をしていただきました。

VRの体験ではパノラマで細部まで美しく見渡せて、ウォークスルーも体感することが出来ました。

 

第3部では同会社の武田 康代 氏の指導により、実際にソフトをさわっての操作性を体験することが出来ました。

最新の機器を使って体験することで、教員の技術的なスキルアップにつながりました。

 

最初は苦労しましたが、講師の先生方の丁寧な指導により、スームーズに操作できるようになりました。今後、生徒に還元できるように継続してスキルアップに取り組みたいと多くの先生方が感じた有意義な研修となりました。

 

株式会社建築資料研究社(日建学院)及び福井コンピュータアーキテクト株式会社の講師の方々には感謝申し上げます。ご指導ありがとうございました。

 

* なお、本校は『未来につながる最新機器活用プロジェクト』~最新機器を使いこなす人材を育成~にも取り組んでおり、本校職員も一部この研修に参加して最新機器が活用できるようにスキルアップをはかっております。