全日
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 広報・授業)三隈スタイルの学び方 *授業改善研究会から

学校からのお知らせ

広報・授業)三隈スタイルの学び方 *授業改善研究会から
2020年11月25日

 11月6日(金)により良い授業つくりのための校内の研究会が実施されました。地歴公民科、数学科、英語科、芸術科(美術)、商業科の5科の先生方による研究授業を中心に、「三隈高校の生徒がどう学び、何を身につけるか(どのような力をつけるか)」をテーマとした授業のあり方を研究しました。

 先生方自身の授業の進め方や教え方の向上はもちろんですが、何よりも「生徒自身が目標や目的をもち、課題やテーマを主体的にとらえているか、そして発表や意見交換を通じて協働した学び合いができているか」が注目されました。ICTや電子黒板と活用したイメージしやすい展開を通じて、ペアワークやグループワークの中でどの生徒も積極的に取組めているようでした。

 総合学科では、1年「産業社会と人間」の授業にて自分の将来、今考えている職業やライフプランに必要とする科目選択を行います。「自分に役立つ、必要な授業はどれか?」を選んだ学びのスタイル(自分で選ぶ、取り組む)で常に生徒が主役であり、生涯学び続けられるモチベーションや技能を高めるというコンセプトがあります。

 「一度わからなくなってしまって勉強する気がなくなった」「勉強しても点数が上がらない」「間違えると嫌なので、自分の考えを発表したり、説明することが苦手」などの不安は誰にでもあるものですが、人の学び方にはそれぞれペースやゴールが違うのは当然です。中学校ではわからなかった、見えなかった目標や具体的な取り組みを「三隈スタイルの学び方」で見つけてみませんか?