全日
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 日田三隈高校の生徒の皆さんへ(校長より)

学校からのお知らせ

日田三隈高校の生徒の皆さんへ(校長より)
2020年03月06日

日田三隈高校の生徒の皆さんへ

 生徒の皆さん、体調に変化はありませんか?元気に毎日を過ごしていますか?

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、臨時休校となって一週間が経過しました。新聞やテレビのニュースで報道されているように、大分県内においても感染者が確認されています。一週間前の2月28日に、各学年の集会において、私が皆さんに伝えたことを理解し、お願いしたことが実行できているでしょうか。

 ここでもう一度、学年集会で話したことを含め、皆さんに大切なことを3点お伝えします。状況は日々どんどん変化しています。皆さんには、世の中の状況をしっかり把握して、適切な行動をとるとともに、充実した日々を過ごしてもらいたいと思います。

 1つ目は、安全・安心な生活についてです。今回の臨時休校の意味をよく理解して、新型コロナウイルスに感染しないように、自覚と責任を持った行動をとってください。不要不急の外出をやめて、不特定多数の人々が集まる場所や狭い空間に複数の人が長時間いるような場所を避けるようにしてください。これは、皆さん自身を守るだけでなく、皆さんの周りの人の健康と命を守ることにつながります。

 その他、根拠のないうわさやデマを信じたり、ネットで拡散したりして、他人を傷つけるることがないように注意してください。

 2つ目は、時間の管理についてです。今回の臨時休校がいつまで続くか、現時点でははっきりしていません。1週間前に教務主任の井上先生が話したように、「自分の時間割」を軸として、教科の学習や体力作りに励んでください。日頃できなかった読書や資格検定のために時間を使うことよいと思います。

 時間は誰にも平等に与えられたものです。自分の成長に有意義に使うかどうかは、皆さん次第です。いつ学校が再開しても対応できるように、また、この時期が自分の成長につながるようにしてください。

 3つ目は、自分のキャリア形成についてです。皆さんは「産業社会と人間」や「PAS Second」での学習を通して、世の中の職業や将来の目標などについて学んできました。新型コロナウイルスに関しては、国の内外を問わず多様な職業の人々が協力して対応しています。行政をはじめ、医療、教育、金融、流通、観光など様々な職業の人々が団結して、この困難に立ち向かっているのです。

 皆さんには、この機会に世の中の動きに関心を持ち、自分はどのような力を身に付けて、どのような働きで世の中と関わればよいかなど、自分のキャリ形成についてしっかり考えるようにしてください。

 最後に、今年の卒業式は、このような状況の中で、在校生や来賓が参加しない形式となりましたが、厳かに執り行われ、感動的な式となりました。卒業生一人一人が、三隈での学びを振り返り、将来を真っすぐに見つめていました。永畠李胡さんは答辞の中で、「自分の進路達成には、家族や仲間の大きな支えがあったこと」、「在校生には一日一日を大切に過ごしてもらいたいこと」、「自分たちは、これからの人生をどう生きるかという問いの正解を探しに行くこと」など、多くの人への感謝と後輩へのメッセージ、これからの抱負を力強く語ってくれました。皆さんには、今年の卒業生を目標にして、悔いのない充実した高校生活を送ってもらいたいと思います。

 皆さんがいない学校は本当に寂しいものです。1日も早く皆さんが登校できるようになり、学業や特別活動、部活動などで皆さんの元気な声が学校に響くことを願っています。

令和2年3月6日        

日田三隈高校 校長 小池楠男