全日
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 日田三隈13期生の皆さんへ

学校からのお知らせ

日田三隈13期生の皆さんへ
2022年05月10日

本校を卒業されて10年を超える月日が流れましたがいかがお過ごしでしょうか。

さて、本校総合学科最終課題である「30歳のレポート」提出のお願いの文章を発送したいと思っております。

6月中旬に投函予定ですが、もしe-mailでの送付を希望される場合にはkumagae-megumi@oen.ed.jpまでご一報お願いいたします。6月1日までにご連絡をお願いいたします。

 

また、学年主任佐藤克也先生より以下のメッセージが届いております。

<メッセージ>

13期生の皆さん、日田三隈高校卒業後いかがお過ごしでしょうか。学年主任を担当していた佐藤克也です。卒業してからの12年は、皆さんにとって高校時代とは比較にならないくらいの大きな変化があったことでしょう。卒業時に皆さんに送った「高校時代に乗り越えてきた良い記憶」を胸にさまざまな壁に立ち向かっていれば幸いです。私は、3年前に退職し、地域の活動や慣れない農作業を行いながら日々を過ごしています。冬の寒さに耐えて春になったら芽を出し、実をつけるえんどう豆の姿にちょっぴり感動するような生活です。

さて、日田三隈高校総合学科の最終課題「30歳のレポート」への協力のお願いです。「課題」とありますが、この十数年をふりかえるいい機会になればと願います。自分の歩んで来た道を今さら文章にするなんてと思うかもしれません。しかし、皆さん一人ひとりの人生の歩みは、それぞれ尊いものであり、文章を提出してもらえれば13期生同士で「私と同じようなことを思っている」「大切だよな。私もこうありたい。」「自分は、こうやって乗り越えたから、ちょっと話してみようか。」など、新しいつながりのきっかけになるかもしれないと思うのです。特に新型コロナウィルス感染症の流行で仕事の方法や生活の仕方で戸惑っている中で奮闘している皆さんの言葉は、いろんな人に力を与えるものになると思います。是非、思い切って提出してください。お願いします。もちろん、形式は自由です。「これだけは伝えたい」「こんな人がそばにいてくれれば」「こんな事もあるんだ」など、人生の一コマでも書いてくださってもいいですよ。また、文章ではなく、箇条書きにまとめてくれてもいいと思います。このレポートで一つの区切りをつけ、次の人生のステージへの力になれたらいいなと思います。忙しい毎日を送っているであろう皆さんに「レポート提出」のお願いなど、誠に恐縮しますが、皆さんの御健康と御健闘をお祈りします。

                                                                                                                                                        佐藤 克也