全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 2年生SSクラス「探究Ⅰ」中間発表会を実施しました

学校からのお知らせ

2年生SSクラス「探究Ⅰ」中間発表会を実施しました
2022年01月04日

 令和3年12月27日(月)に2年3組SSクラスの探究Ⅰの中間発表会を実施しました。今年度の4月から生徒自身が設定し取り組んできた課題研究について、その成果と今後の展望を口頭発表しました。この発表会では、聴衆との質疑応答や、専門的な指導助言を頂くことを通して、日田高RGBの探究力(R)の向上と課題研研究の深化を目指すとともに、波及力(G)を育成することを目指しています。
 外部審査員には、大分大学教育学部教授三次 徳二先生、大分大学教育学部教授大上 和敏先生、SSH指定校である大分舞鶴高校指導教諭渡邉 ひろ美先生にご来校頂き、指導助言を頂きました。今年度はYouTubeにてLIVE配信を行いながらの実施になりました。YouTubeのURLはhttps://youtu.be/rB_F7L8HjmQ です。いつでも閲覧可能となっています。
 また、1年生の次年度SSクラスの生徒や3年生SSクラスの生徒も発表を聴き、活発に質疑が行われていました。どの学年にとっても有意義な発表会となりました。


【中間発表会のねらい】
聴衆との質疑応答や、専門的な指導助言を頂くことを通して、日田高RGBの探究力(R)の向上と課題研研究の深化を目指すとともに、波及力(G)の育成を図る。


【発表内容】
①油の適切な保存方法について
開栓後の油の適切な保存方法を見つけるため、日照条件や温度を変えて油の酸化状態がどのように変化するかを研究していました。
 

 

 

 

 

 

 


②多肉植物の栄養生殖
多肉植物の栄養生殖の分子メカニズムを解明するために、様々な条件で葉を切断し、不定芽の形成に必要な因子について研究していました。
 

 

 

 

 

 

 


③枯れた竹の活用方法
日田の放棄竹林が増加しいていることを受けて、枯れた竹の土壌改良剤としての活用や、竹の分解によるアルコール発酵について研究していました。
 

 

 

 

 

 

 

 
④作業とともに音楽を
身近な場所で流れている音楽(BGM)が人々の精神状態や身体、作業効率などに及ぼす影響について研究していました。
 

 

 

 

 

 

 

 
⑤Wi-Fiに困らない生活を
授業中のWi-Fi速度など、身近な困りを解決するために、Wi-Fi環境を改善するための方法について研究していました。
 

 

 

 

 

 

 

 
⑥健康問題と扁平足
健康問題と偏平足の関係性に着目し、より健康に過ごすためにできることについて研究していました。

 

 

 

 

 

 

 


⑦Let‘s Clean Water!

安全な水を世界に供給できるように、これまでよりも効率的な緩速ろ過を実現させるために、水草の浄化作用
について研究していました
 

 

 

 

 

 

 


⑧スペースデブリを防ぐには
年々増加しているスペースデブリを回収・除去するための方法について、モデル実験やシミュレーションソフト「Unity」を用いて研究していました。
 

 

 

 

 

 

 


⑨二枚貝の移動先に適した環境の発見や調節
河川の生態的多様性の基盤を支える二枚貝を保護するための保護地区を実現するため、フィールドワークや様々
な砂質における二枚貝の行動変化についての研究をしていました。
 

 

 

 

 

 

 

 
【審査員の先生方から頂いた助言指導】
各班の発表後には審査員の先生方から様々な角度からの指導助言を頂きました。
具体的には、
・自分たちが研究内容について一番詳しいので自信をもって発表する。
・決められた時間で相手に伝えるため、スライドは少なくしつつ、データについてははっきりと細かく載せる。
・研究の順番とそれを伝える順番は必ずしも一致しなくてもよい、聴者がわかりやすく聞けるような工夫をする。
・研究の動機や仮説、結果とその考察にずれがないかを念頭に置いて研究する。
・研究対象についてもっとよく知ることで、より適切な条件設定や実験ができるようになる。
・実験条件を適切に管理し、基準と比較したり数字でとらえたりする。
・データ数にこだわる。
といったご助言をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 


【審査結果】 

審査の結果、「油の適切な保存方法について」と「多肉植物の栄養生殖」が優秀賞を受賞し、「二枚貝の移動
先に適した環境の発見や調節」が最優秀賞を受賞しました。この3班は、令和4年1月26日(水)にパトリア日田
で行われるSSH成果発表会に向けてさらに研究・発表準備を進めていきます!!
 小雪の舞う中でご来校いただき、生徒たちのために熱くご指導いただいた審査員の先生方、本当にありがと
うございました。頂いたご助言をもとに、更なる研究の深化を期待しています!!