全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和4年度 水圏森林フィールドワーク(2年SSクラス)で蓼原湿原へ行きました!!

学校からのお知らせ

令和4年度 水圏森林フィールドワーク(2年SSクラス)で蓼原湿原へ行きました!!
2022年08月03日

8/1(月)2SSクラスを対象に、九重ふるさと自然学校ご指導のもと水圏森林フィールドワークを実施しました。

午前中は「日本の森や植生について〜フィールドワークの前に知っておく10のこと」を演題に

「九重ふるさと自然学校」代表 川野智美 氏に講演をしていただきました。植生に関する基礎知識や五感を使ってフィールドワークを行うことを学び、午後に向けた心構えができました。

                                                                                  

       

 

 

 

                                             

 

                                                                                 

                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                             

午後はタデ原湿原を歩きながら、樹高測定や湧き水のテイスティングを経験しました。人の手(野焼き)によって維持される草原と、自然本来の姿へ近づこうとする森の境界で自然保護の最前線を実感することができました。

タデ原湿原、九重連山でしか見られない植生とその様々な要因を肌で感じることで、自然の雄大さを体感すると共に、多くの気づきや発見を得ることができました。これからの研究や研修にもつながる充実したフィールドワークとなりました。

山特有の急激な天候の変化もありましたが、九重の涼しい風を感じながらとても有意義な時間を過ごすことができました。