「人づくりに、しらしんけん」平成25年4月START!

全日
農業経営科
|
機械電子科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 夏季休業中における新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について(お願い)

学校からのお知らせ

夏季休業中における新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について(お願い)
2021年08月03日

令和3年8月3日

保護者・生徒各位

大分県立日出総合高等学校

    校長 長岡 幸次郎

 

夏季休業中における新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について(お願い)

 

保護者の皆様には、日頃から本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、誠に感謝いたします。 

さて、大分県の感染状況は8月3日に「ステージⅡ」と判断されておりますが、デルタ株をはじめとする非常に強い感染力を持つ変異株に対する警戒が必要な状況で、夏季休業中においても引き続き、感染防止対策を徹底する必要があります。つきましては以下の具体的な取組について、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

 

1.発熱時、体調不良時等の登校・部活動への参加について

発熱等の風邪の症状がある場合等には登校させず、自宅で休養することを徹底してください。同居の家族に風邪症状が見られる場合も生徒を登校させないようにしてください。

また、部活動中に体調に異変を感じた場合は、すぐに顧問に伝えてください

 

《生徒本人が登校前に発熱や風邪症状があった場合の受診などの対応について》

①かかりつけの病院へ連絡する。

②かかりつけがない場合は、県の相談窓口 097-506-2755(24時間対応)に連絡。

 

2.マスクの着用と熱中症の危険について

  感染力がさらに増した変異株の感染防止のため、確実なマスクの着用は極めて重要です。屋内では不織布マスクを着用するとともに、マスクを着用していても、十分な距離の確保や短時間の会話にとどめる工夫をお願いします。

熱中症防止のため、気温・湿度や暑さ指数(WBGT)が高い時に、屋外で人と十分な距離を確保できる場合は、マスクを外してください。運動時は身体へのリスクを考慮し、マスクの着用は必要ありません(これは、WBGTが高くない日に、軽度な運動を行う際、生徒がマスクの着用を希望する場合に、それを否定するものではありません)。

 

3.変異株対策の徹底について

  感染症を予防するには、身体全体の抵抗力を高めるため、適度な運動、バランスのとれた食事、休養及び睡眠の調和のとれた生活を続けることが有効です。また、これまで実施してきた、毎朝の検温と健康状態の把握、「健康管理チェックリスト」の記入、入念な手洗い、咳エチケット、こまめな換気など基本的な感染対策も徹底して行ってください。「3密」はもとより「1密」もできるだけ回避してください。発熱等の風邪症状がある場合には外出を控え、自宅で休養するようにしてください。食事は、前後の手洗いを徹底し、マスク会食や「黙食」をお願いします。会食は、少人数、短時間で、大声での会話を控え、会食後の歓談時にはマスクを着用してください。

 

4.県をまたぐ移動について

  県をまたぐ移動については差し支ありませんが、「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」が発令されている地域への往来は、引き続き自粛をお願いします。また、移動の際は、移動前後の体調管理、会食などに十分注意してください。

 

5.生徒本人、もしくは同居家族が、下記①,②に該当する場合は、速やかに学校に連絡してください。
陽性患者の濃厚接触者として保健所から連絡を受けた場合
PCR検査を受ける場合

また、新型コロナウイルス感染症への不安等がある場合も、学校にご相談ください。