「人づくりに、しらしんけん」平成25年4月START!

全日
農業経営科
|
機械電子科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 日出総合、生徒の健康への取り組み「薬物乱用防止教室」

学校からのお知らせ

日出総合、生徒の健康への取り組み「薬物乱用防止教室」
2020年09月11日

日出総合高等学校では、健康に関する学習として、ぞれぞれの学年でテーマを決めて、「保健講話」というものを行っています。講話では、学校外で活動されている様々な方をお呼びして、からだや心についてのお話をしていただきます。

今回は、2年生のテーマである「薬物乱用防止」について、9月10日(木)に「大分ダルク」の皆さんにお越しいただきました。

ダルクとは、

Drug(ドラッグ→薬物)
Addiction(アディクション→病的依存)
Rehabilitation(リハビリテーション→回復)
Center(センター→施設)

の頭文字を取った名前で、薬物依存をはじめとする、様々な依存症※¹に対してのリハビリを行っている、民間の団体です。

実際に、薬物やアルコール等の依存症になってしまった方々から、

「なぜ、薬物を使用してしまったのか」「薬物を使用した後、からだや心どんな変化があったのか」
「自分が依存症になったことで、周りの人たちにどんな影響が出たのか」等・・・
ご自身の体験を、お話ししていただきました。

依存症になったきっかけには、「先輩から誘われて」「好奇心から」「人とのかかわりに悩んでいた」「辛いことがあって」など、その理由の多くが、だれもが感じることばかりでした。

そして、お話ししてくださった皆さんすべてが、依存症になってしまったこと、薬物を使用してしまったことを、とても後悔なさっていました。

自分の辛い、ここでは言い表せないような体験をしたことを、話すのはとても勇気がいることだと思います。
しかし、日出総合2年生の、これから先の未来のために、「絶対に使用しないでほしい」という思いのために、お話をしてくださいました。

2年生も、その思いを受けてか、真剣な表情で講話を聴いていました。

講話の最後に、2年4組の渡邊涼介さん(日出中卒)が、感想とお礼の言葉の中で、「人から勧められても、絶対に断る」という、強い決意を示して、講話は終了しました。

大分ダルクの方々、本当にありがとうございました!
また、この記事を見てくださった中学生の皆さん。日出総合は特色のある様々な学科だけでなく、からだや心を健康にする学習も行っています!また、ぜひホームページに、足を運んでください!