「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『高校生技能振興奨励賞』の表彰式が大分県庁で実施されました。

学校からのお知らせ

『高校生技能振興奨励賞』の表彰式が大分県庁で実施されました。
2016年02月16日

 

[ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部他、関係各位 ] ※画像データ提供=友永先生

◎以前、学校オフィシャルHPのコンテンツでも紹介した通り、本校電気科4年の池田翔悟君が超難関資格として知られる"2級技能士・

電子機器組立試験"に見事合格し、県内最大発行部数を誇る大分合同新聞朝刊に関連記事が取り上げられたことは周知の事実ですが、

これまで本人が電気科の先生方による指導下、学習やアルバイト、更には生徒会の諸活動を同時進行的に遂行する過程で、困難な

事象にチャレンジすることの大切さや目標をクリアしたときの達成感など、我々が社会生活を送る上で最も重要なファクター(要素)を

着実に会得し、昨年12月まで務めた“定時制・生徒会長”としてのアビリティも含めて根源的な資質の向上を意図した地道なアプローチを

継続したことは、正に賞賛に値すると言うことが出来ると思います。

 本日(2月16日)彼のそうした不断の努力を顕彰するという観点から『高校生技能振興奨励賞』の表彰式が大分県庁で行われ、大分県下の

定時制生徒として初めて「技能士2級検定試験合格+県内就職」という極めて高いハードルをクリアした池田君は、電気科の友永先生による

引率下、他校の表彰メンバーと共に晴れの舞台に臨み、緊張した表情の中にも、栄えある“大工SPIRITS”の体現者たるべき確固たる

アイデンティティを髣髴とさせる雰囲気を醸し出し、廣瀬勝貞大分県知事から表彰状を授与されました。

[ 2月16日(火)15:00~、大分県庁特別応接室で行われた『高校生技能振興奨励賞』表彰式の様子。大分県下の定時制メンバーとして

初受賞の栄誉に浴した本校電気科の池田翔悟君(4E)をはじめとする大工健児の意欲的なアプローチを、学校や地域社会等、多くの

関係者が温かい眼差しで見守っている。 ]