「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『大工定時制:体育大会』で涵養される、"ダイバーシティ・アンビエンス"(多様性環境)...。 

学校からのお知らせ

『大工定時制:体育大会』で涵養される、"ダイバーシティ・アンビエンス"(多様性環境)...。 
2015年10月09日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部他、関係各位 ]

◎来たる10月23日(金)、本校体育館に於いて“平成27年度:大工定時制体育大会”が実施されます。本日(10月9日)実施された、

大工全日制課程の体育大会が内包するクオリティの高さや各学科の生徒諸君によって体現される調和の取れた見事な応援風景等に

ついては、既に衆目の認めるところであり、数日来行われた本番に向けての応援練習や競技準備等も含めて、学校内外に清々しい

雰囲気を醸し出してくれたように感じています。

 本校定時制:体育大会に関しては特別活動部や各係担当の先生方による統括下、生徒会スタッフとして機動的な取り組みを行った

福元・前生徒会長や吉田団長等を中心とするアプローチによって効率的な運営が成された前回大会の印象が強く残っていますが、

本年度の体育大会も、団編成や競技検討等のプロセスで主導的役割を担う特活部の阿部・前原両先生による全体調整に依拠する

形で滞りなく準備が進行。これまでに、各種学校行事で卓越したポテンシャルを発揮している池田生徒会長(4E)をはじめ、竜(4E)・

姫野(4M)・村山(3E)・甲斐(3E)といった生徒会メンバーを中心に具現化される溌剌とした体躯が、体育大会の各種アトラクションを

通じてどのようなシチュエーションを構築するのか…。学習やアルバイト等、制約されたライフスタイルに適合する形で、それぞれの

メンバーが徐々に育みつつある “定時制的ダイバーシティ”(多様性)の更なるブラッシュアップに期待が高まっています。 

[ 昨年10月下旬に開催された、平成26年度:体育大会の様子。(総務部提供写真データ等。) 限られた時間の中で実施された

 各種アトラクションを通じて全校生徒や職員、保護者等、多くの関係者が心地良い汗を流し、互いの親睦を深めた。 ]