「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 各種大会や学校行事での実績を糧に、更なる飛躍を期す大工健児。

学校からのお知らせ

各種大会や学校行事での実績を糧に、更なる飛躍を期す大工健児。
2014年09月05日

 

[ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部  ]

◎9月1日(月)、「平成26年度:第2学期」の始業式が行われました。式辞の中で、高倉校長は『平成26年度:全国高等学校定時制通信制

体育大会・柔道競技』や『第20回:高校生ロボット相撲大分県大会』等に於ける本校生の活躍に言及し、学習をはじめ資格取得や様々な

課外活動に対する真摯な取り組みによってそれぞれのポテンシャル(潜在能力)が高められることは勿論、多くの関係者のモチベーション

向上に寄与するといった旨の話を述べられましたが、『平成26年度:大分県高等学校定時制通信制体育大会』等、これまでの各種行事を

通じて、大分工定時制メンバーが内包する才能の一端を見事に開花させた実績を虚心坦懐に振り返ることによってこそ、新たな

イノベーションの萌芽を見出すことが出来るという事実に如何に向き合えるか…。

 今年度も本校定時制教育振興会のご協力を頂き、正門横に栄光を称える各種コンテンツの横断幕が適宜設置されていますが、安部教頭が

全国大会報告会の講評の中でも触れたように様々なジャンルに於いて、これまで以上の躍進が期待される“大工健児”の一挙手一投足に

注目が集まっています。

IMG_0051 (2).jpgIMG_0064 (2).jpgIMG_0049 (2).jpgIMG_0061 (2).jpgIMG_0067 (2).jpgIMG_0055 (2).jpgIMG_0070 (2).jpgIMG_0057 (2).jpg

[ 91()、『平成26年度:全国高等学校定時制通信制体育大会・柔道競技』報告会と『第20:高校生ロボット相撲大分県大会』

優勝に関する表彰式が実施され、引き続き行われた『第2学期:始業式』では高倉校長からこれまでの定時制メンバーによる活躍を踏まえ、

新たな目標に向かって挑戦することの大切さについての話が成され、その後の校内統一テストに関しても多くの生徒が積極的なアプローチを

体現した。