「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 「本年度・課題研究発表会」を通じて具現化された、"大工定時制的プレゼンス"...。

学校からのお知らせ

「本年度・課題研究発表会」を通じて具現化された、"大工定時制的プレゼンス"...。
2021年01月22日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新   1月 22日 (金)  17:32         

◎様々なグループ・個人による、クオリティの高い発表が披露された『令和2年度:課題研究発表会』も成功裏に終了。授業担当者をはじめ、専門科の各先生方によるきめ細かいサポートに依拠しながら、1月 21日(木)の2~3限帯に渡って、給食室での意欲的なプレゼンテーションを披露した4年生と3年生(三修制)メンバーの落ち着いた態度や表情が、強く印象に残りました。個別の発表内容に関しても、コロナ禍という困難な状況を克服すべく、身近な生活のニーズや汎用性、更には各種コンペティションに於けるスキルアップのプロセス等を踏まえた上で、自分たちの研究活動に取り組んだ成果をパワーポイントを用いて詳細に説明するという規定の手法が披露される一方、「ロボット競技大会」や「マイコンカーラリー」、更には「ロボット相撲」等へのエントリーをモチーフとしつつ、マシン作成や各種調整等に関してフレキシブル(柔軟性溢れる)なスタンスを保持しながら、当該セッションで素晴らしい成果を体現したアクティビティが、発表会に鮮やかな彩りを添える等、参観した後輩諸君や多くの先生方にとっても上級生メンバーの成長度合いを間近で感じられる貴重な機会になったのではないかと思われます。


[ 1月 21日(木)に実施された『令和2年度:大工定時制・課題研究発表会』の様子をセレクトした“RECITAL COLLECTION.Ⅱ”。4M=6名・4E=5名・3E(三修制)=2名の生徒たちによる端然としたプレゼンテーションが披露された。 ]