「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 生徒各人が涵養すべきレギュレーション(規定)を踏まえつつ、新たなバージョンアップ(進化)が期待される"大工健児"..。

学校からのお知らせ

生徒各人が涵養すべきレギュレーション(規定)を踏まえつつ、新たなバージョンアップ(進化)が期待される"大工健児"..。
2020年07月06日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新  7月 6日 (月)  21:05            

◎7月6日(月)16時現在、梅雨前線の影響により概ね雨で激しく降っている地域が顕在化している大分県地方。天気概況では、引き続き7日にかけて梅雨前線の活動によって強雨域が広がり、激しく降るエリアも混在する予報が出される等、相変わらず不安定な気象状況が現出されています。一方、停滞する梅雨前線の影響で、4日午前中に掛けて各地で豪雨となった九州南部地方では、河川の氾濫や洪水、土砂崩れが相次いで発生し、熊本県の発表によると球磨川が全域で氾濫した影響等によって、八代、水俣、人吉、芦北、あさぎり町など11市町村の9万2703世帯に避難勧告や避難指示が出されており、直接的な影響の大きさを改めて痛感すると同時に、被害に遭われた被災地域の皆様方に対しては、心よりお見舞い申し上げる次第です。そうした気候変動のインパクトの大きさが感じられるようなシチュエーション下、「令和2年度・第1学期」も主要行事のタームが2週間余りとなっており、期末考査後のHRA(6月29日)を用いて行われた「学年別・人権学習」等の実施に際しては、各クラス担任による指導に依拠する形で、簡明な学習教材を用いた具体的かつ丁寧な授業をパラレルにて展開。2M教室でも要諦を押さえた説明によって、多くのメンバーが和やかな雰囲気の中にも真摯な態度で学習教材を活用した実践活動に取り組んでいたのが印象的でした。「新型コロナウィルス感染拡大防止対策」の徹底による臨時休校の長期化等、例年とは大きく異なる様相が表出されている今節…。困難な状況を克服すべく、専門科や学年所属の先生方による丁寧なサポートを受けながら、予定のスキーム(計画)を如何に着実にクリアすることが出来るか、生徒諸君のより一層のブラッシュアップが期待されるところです。


[ 記載データは、第1学期に於ける“大工定時制点描”から抜粋した授業風景や各種行事等を編集した、ダイジェスト・ファイルⅡ。 ]