「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "大工健児"の誇りとトラディションを胸に、ソサイアティ(社会人)として更なる飛躍を誓う同窓生メンバー...。 [REPLETION ]

学校からのお知らせ

"大工健児"の誇りとトラディションを胸に、ソサイアティ(社会人)として更なる飛躍を誓う同窓生メンバー...。 [REPLETION ]
2020年05月20日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ]    ※参考 = アイテム更新   5月 20日(水)  21:25     

                                                                               2回目更新 5月 21日 (金) 21:10                 
◎学校が再開して早や10日。全国39県で緊急事態宣言が解除されたとは言え、「新型コロナウィルス感染拡大防止」の観点からは、未だ油断出来ないシチュエーションが継続されていますが、様々なカテゴリーで個性的な取り組みが目立った前年度の活動概況等を踏まえながら、在校生諸君の状況にフォーカスしてみると、現在の福田生徒会長(4E)を中心に白坂(4E)・牧(2M)・庄司(4E)・篠田(4E)・永居(4E)といったスタッフから構成される6名の生徒会ラインナップが行ってきた数多くの標準的なアクティビティを今後の新機軸の中でどのように継続して行くのか、注目が集まるところです。そうした中、本日(5/20)、平成28年度卒業生として生徒会長を歴任した同窓生の村山輔君が放課後の時間帯に本校を訪れ、在学当時と変わらぬ飾り気のない雰囲気を醸し出しながら近況報告等をしてくれましたが、これまでも本校の卒業生諸氏が先生方との会話の中で、就職先でのアプローチも含めて、かつて様々な指導・助言等を頂いた多くの先生方に対する感謝の気持ちを言葉の端々に表しながら、社会人としての自覚の萌芽を漂わせていたのが印象的でした。現生徒会メンバーは、村山元生徒会長等が体現して来た各種活動のスピリッツをモチーフとしながら、これからの学校行事に於ける円滑な遂行に向けての更なるブラッシュ・アップに注目が集まっています。

[ 5月 20日(水)の夕刻に本校を訪れ、近況報告等を兼ねたダイアローグに話が弾んだ平成28年度・生徒会長の村山輔君については、上記の「ジャパン・マイコンカーラリー2017 九州大会」及び、「大工定時制・生徒会各種活動セレクション シリーズ」等のダイジェストからも分かるように、栄えある大工健児としての誇りを忘れることなく、意欲を持って今後の業務を遂行するべく、更なる研鑽を重ねることが期待されている。 ]