「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和元年度: スクールロイヤー 教職員研修』が行われました。

学校からのお知らせ

『令和元年度: スクールロイヤー 教職員研修』が行われました。
2020年01月31日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新  令和2年 1月 31日 (金)  20:41    

◎現在、校内では来たる3月1日(日)AM9:30~に実施予定の『令和元年度:大分工業高校全・定合同卒業式』や、来週2月4日(火)に設定されている本校・全日制課程の「令和2年度:大分県立高等学校・推薦入学者選抜」への準備等、各種行事が目白押しといった第3学期の状況を反映しながら、様々なアプローチが佳境に差し掛かりつつあるコンテキスト(様相)が万斛…。一方で、生徒諸君が体現する大工SPIRIT'Sを内包した質実剛健的なファクター(要素)を様々なシチュエーションの中で目の当たりにすることも数多くあり、本日は1月末のスキーム(計画)として『令和元年度・お別れ給食』と『卒業生を送る会』が並立的にセッティングされる中で、来週から始まる「4年生・自宅学習」を目前に控えるということもあって、正に“光陰流水の如し”を如実に感じることが多い頃来ではあります。そうした事様下、今週半ばには、江口教頭や安藤主幹教諭による主導下、『スクールロイヤー 教職員研修』が本校給食室に於いて実施され、学校内で発生するいじめや不登校事象等を含む様々な問題の発生・深刻化を勘案しつつ、法律家である弁護士の立場を活用することでこれらの問題を解決し、トラブルの前段階から学校へアドバイスを行う「スクールロイヤー制度」の内容や導入の意義に関するレクチャーを本校の先生方が傾聴。大分県弁護士会所属の熊谷洋佑弁護士(くまがい法律事務所)を講師として招聘する中で、学校で発生する各種の問題について子どもの利益を念頭に置き、法律の見地から学校に助言する取り組みや、一連のトラブル解決に向けた法的知識の有意性等、専門的な観点に立脚した具体的事例を、短いスパンの中で簡潔に説明して頂くことが出来、今後の諸活動を遂行する上でも、必要不可欠なナレッジ(知識)を習得することが出来たと思われます。

[ 記載写真は、1月下旬に実施された『令和元年度: スクールロイヤー 教職員研修』の様子。]