「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 学校便りー国体炬火台

学校からのお知らせ

学校便りー国体炬火台
2011年02月28日

大分国体・全国障害者スポーツ大会で使われた炬火台のデザインは本校が作成したものです。民間企業の応募作を含む案の中から選ばれました。

 デザインは機械科の4年生と教員で考えたもので、コンセプトは大分県民の「和と飛躍」。パイプ18本で炬火を支える姿は、県下18市町村の連携と団結を表現し、竹をイメージさせるパイプで大分県を表しています。また、上方に広がる姿は大分県の飛躍を願ったものです。

 機械科では、中津工業高校定時制と協働で「ミニ炬火台」として22個の炬火受皿も製作しました。こちらは県下各市町村での「採火式」で使用されました。

大分国体会場
炬火台 ミニ炬火台

本校機械科の4年生が科目「課題研究」で
ミニ炬火台を製作しました。

ミニ炬火台制作風景