「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "定通県体"に向けた練習と並行して、"県生活体験発表大会"へのアプローチにも期待...。

学校からのお知らせ

"定通県体"に向けた練習と並行して、"県生活体験発表大会"へのアプローチにも期待...。
2018年05月02日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 5月 2日(水)                     

明日(5/3)から始まるGWセカンドステージとは裏腹に、日常のアルバイトや諸々の活動で何かと慌しい様子が垣間見える“大工定時制

健児”。前回のHPアイテムでも触れたように、5月半ばに控える中間考査や定通県体を意図したトレーニング等、連休明けには第1学期の

各種行事に向けたアクティビティも徐々に顕在化する様相を呈していますが、6月期には本年度の「大分県高等学校定時制通信制生徒生活

体験発表大会」代表生徒を選出するための校内選考会(7)等を勘案した取り組みも、一連のスケジュールと並行してセットアップ。今年の

校内発表大会に向けた原稿作成に関しては、国語科の松本先生や藤本先生による指導態勢に関係分掌が協力するストラクチャーが想定

され、校内大会に出場する生徒については、自然体での発表が具現化出来るよう、日々の研鑽を重ねることが期待されています。

[ 昨年10月20日(金)、大分県立大分工業高等学校体育館で開催された、『第62回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験

発表大会』(大分県定通教育振興会主催:平岩純子会長)の様子。 ]