「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 「大分県高校定通生徒生活体験発表大会・事務局引継会議」が実施されました。

学校からのお知らせ

「大分県高校定通生徒生活体験発表大会・事務局引継会議」が実施されました。
2018年02月23日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 各分掌担当等、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 2月 23日(金) 21:29                    

◎2月も残すところ、あと1週間。多彩な行事や対外コンペティション等、広範なジャンルに渡って定時制メンバーの意欲的なアプローチが

体現された本年度を振り返りつつ、今後予定されているアクティビティ(諸活動)を如何に充実したものにするか生徒各人の取り組みの内容が

問われるところですが、多様な行事が続く最中、本日(2月23日)、「大分県高校定通生徒生活体験発表大会・事務局 引継ぎ会議」が進路

指導室に於いて実施され、本校並びに、次年度の当番校である爽風館高校の関係者が出席して、事務内容の精査や決算報告書の確認等を

行いました。本年度の県大会は、昨年10月20日(金)に本校を主管校とする構成下、5校6課程(大分工[定]・爽風館[通]・爽風館[3部]・

日田[定]・中津東[定])の代表メンバーによる意見発表が大分工業高校体育館に於いて実施され、大会事務局(江口教頭をはじめ、4名の

担当者=後藤・中島・藤本・波多野で組織)を中心に多くの先生方や全日制を含む生徒諸君の多面的なサポートが奏功して成功裏に終了した

ことは周知の通りです。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。今回の事務引継ぎ会議に際しては、本校の江口教頭や後藤・中島・藤本

等の各先生方、更には爽風館高校の西山教頭と太田先生というメンバー構成に依拠する形で、大会運営やその他の事務手続き等、一連の

業務全般に関するオペレーションを適宜確認しながら議題を進行した訳ですが、昨年6月に行われた各校代表者会議の承認事項等を元に、

「第62回・大分県定通高校生徒生活体験発表大会」の全体概要や細部ディテール等に関するカンファーム(決済確認)が行われたプロセスを

遵守しながら、次回大会でも各校の意思疎通を図って行くという基本方針が共有され、総じて和やかな雰囲気の中で会議を締め括ることが

出来たと思われます。

[ 2月23日(金)、進路指導室で実施された「県生活体験発表大会・事務引継会議」の様子と、『第62回・大分県高等学校定時制通信制生徒

生活体験発表大会』の関係データ。本日、大工定時制と爽風館高校の関係者が一堂に会して行われた当該会議に関しては、本校の

江口教頭や爽風館高校の西山教頭を中心に、本年度の決算報告や大会運営事項について全体を俯瞰した意見交換が成され、円滑な

議事進行が遂行された。 ]