「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 学年末考査期間中、"精励恪勤"のアプローチが期待される大工定時制健児...。

学校からのお知らせ

学年末考査期間中、"精励恪勤"のアプローチが期待される大工定時制健児...。
2018年02月19日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 2月19日(月) 21:23

◎先週末(2月16日)から4日間の日程で「平成29年度・学年末考査」が実施されていますが、考査第2日目となる本日(2月19日)も、仮卒

期間中の4年生メンバーを除く1~3学年の生徒諸君は、考査スケジュールに依拠する形でそれぞれの試験科目に取り組んでいました。考査

終了後には各科目の成績が明示され、卒業時に必要となる本年度の単位修得の可否が判明する訳ですが、生徒各人に於いては当該考査の

対策に万全を期すべく、「一意専心」の気概を持って学習活動に取り組んで欲しいと思います。また、日常生活に関しても「勉強とアルバイトの

両立」等のエレメンツ(要素)を遂行する上で、多くの生徒が日頃の体調管理やストレス対策等を意図したメンタルヘルスの重要性を認識する

必要があると思われ、自分の身の周りで起こる様々な出来事に一喜一憂することなく“泰然自若の姿勢”で物事に対処することの大切さ…、

正に前漢・武帝時代に編纂された思想書「淮南子」人間訓の“人間万事塞翁が馬”という言葉が持つ意味に改めて想いを巡らせた次第です。

学年末考査は明後日(2月21日)まで予定されており、大工定時制健児の真摯なアクティビティが期待されるところです。

[ 記載データは、“本年度:第3学期”の大工定時制に於ける各種行事・活動からセレクトしたダイジェスト・グラフ。 ]