「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "8月期:CSR活動"(生徒会継続事業)として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州[大分光吉店]に寄託。 [ REPLETION ]

学校からのお知らせ

"8月期:CSR活動"(生徒会継続事業)として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州[大分光吉店]に寄託。 [ REPLETION ]
2018年08月13日

 

 [ コンテンツ記載= 関係分掌担当 ] ※特別活動部・データ使用。

  参考= アイテム作成 8月 10日(金) → HP日時指定・自動更新システムを活用。 [ 8月 13日(月) 該当コンテンツ掲載 ]

                   2回目更新 = 8月 17日(金)   20:45                  

◎8月に入っても、衰える兆しが見えて来ない今年の猛暑。HPアイテム作成時点(8月10日)で気象庁発表の全国最高気温ランキングを

参照すると、岐阜県岐阜市で37.3℃、大分県日田市や福岡県久留米市等で37.2℃(いずれも暫定値)を記録するなど、多くの自治体で

熱中症対策に注意を要する高温シチュエーションが暫時、継続状態にあり、同じく気象庁が8月10日付で発表した“「 平成30年7月豪雨」

及び7月中旬以降の記録的な高温の特徴と要因について”と題する報道発表によると、今回の西日本から東海地方に於ける記録的な大雨の

要因については、西日本地方に停滞した梅雨前線に向けて、極めて多量の水蒸気が流れ込み続けたことであり、一方で記録的な高温に

関しては、太平洋高気圧と上層のチベット高気圧が共に日本付近に張り出し続けたことが要因としており、日本列島付近を通過するジェット

気流の蛇行に端を発した異常気象がもたらす天候の変化に今後も十分に注意を払う必要があり、生徒諸君は熱中症予防の水分補給や睡眠

時間の確保等、それぞれが体調管理に留意して欲しいと思います。そうした中、今回(8月初旬)生徒会役員が中心となって取り組んでいる

ペットボトル・キャップ回収活動の集約品が(株)イオン九州へ寄託されましたが、これまでと同様、ジャスコ光吉店の協力も頂きながら生徒会

メンバー等を主導とする地道なアプローチの成果が、社会貢献団体に対する一定のサポートとして連携していることを提示出来たののでは

ないかと思われます。今後も、様々な社会状況を俯瞰した上で、自分たちに出来る身の丈の範囲で“どのように考え行動するのか”といった

ことを踏まえながら、これからのCSR活動の拡充や専門知識を集積して行くことが期待されています。   

[ 8月初旬、田原生徒会長(3M)や福田書記(2E)、更には白坂・庄司両会計(共に2E)等をはじめとする生徒会役員が主体となって

取り組んでいる“エコキャップ収集活動”の集約品が、今回も想定以上に寄託されたため、一連の取り組みの継続アプローチとして

当該団体に提出。このようなアクティビティは、大工(定)生徒会のCSR活動の一環として実施されている。 ]