「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第65回・ 大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』(会場:中津東高校) ADVANCE PREPAPATION.②。

学校からのお知らせ

『第65回・ 大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』(会場:中津東高校) ADVANCE PREPAPATION.②。
2020年10月06日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ] ※参考 = アイテム更新 10月 6日(火) 16:23                   
◎先週(10月2日)、「令和2年度・体育大会」終了後の時間帯に、『第65回・大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』本番に向けた直前プラクティスが、本校体育館で行われました。今回の発表練習に関しては、当該大会に本校代表として出場する牧 奏汰君(3M)がステージに登壇した後、国語科の松本・河野両先生や学校幹部等の先生方が聴衆としてフロアサイドから見守る中、来たる10月 9日(金)の大舞台に於ける飛躍を期すべく、意欲溢れるスピーチを体現。これまでの練習成果を遺憾なく発揮すると共に、本大会で納得の行く発表を行いたいという強い気持ちが言葉に表われ、体育館で彼に熱い視線を送った先生方から温かい拍手が送られていたのが印象的でした。本年度の「定通生徒生活体験発表大会」まで、残された時間はあと僅か。これまで、本校代表生徒として福田君や永居君(共に 現4E)といったメンバーが何れも素晴らしい発表を具現化するなど、例年本大会で大工生らしさ全開のスピーチを披露することで、内包するポテンシャルの高さを遺憾なく発揮している本校生ですが、国語科の先生方による指導下、晴れの舞台に向けた発表練習や体調管理等のストラテジー(事前計画)を着実に完遂し、これまでの取り組みの成果を十二分に展観することが期待されています。


[ 10月 2日(金)の体育大会終了後に実施された『第65回・大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』直前練習では、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策等の観点から全教職員によるアテンションは見送られたものの、代表の牧君(3M)の発表に対して体育館で清聴された学校幹部や関係の先生方から、温かい激励の拍手が送られていた。 ]