「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第63回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』= ADVANCE PREPAPATION.①。

学校からのお知らせ

『第63回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』= ADVANCE PREPAPATION.①。
2018年09月27日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 9月 27日(木) 19:57             

◎これまでも、オフィシャルHP上の各種アイテムを通じて紹介した通り、来たる10月19日(金)県立爽風館高校を会場(於:アリーナ1)として、

『第63回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』が実施される予定ですが、大会本番まで3週間余りとなった今日現在、

本校・国語科の先生方(松本・藤本両先生)による発表メンバーのサポート態勢の構築や、特別活動部所属や係担当の先生方を中心とする

大会参加スケジュールや詳細ディテールの作成・確認等、多岐に渡るオペレーションに関して概ね順調に推移している雰囲気が現出されて

いるように思います。爽風館高校内に設けられた大会事務局が主体となって取り纏めを行っている各学校の発表生徒や大会次第等も順次

決定しつつあるようであり、代表メンバーは限られた時間を有効に活用しながら内容添削や発表練習に取り組んでいるようなディメンション

(様相)も垣間見られている…。そうした現況を踏まえつつ大会当日までの残された期間をより有為なものとすべく、明確なプレゼンスに立脚

したスピーチを具現化すること以上に、身の丈に合った自分らしい“自然体”での発表を披露してくれることが期待されています。

昨年度の“第62回:大分県高校定通生徒生活体験発表大会”(於:大分工業高校体育館)の様子や、7月中旬に行われた平成30年度:

全国高校定通生徒生活体験発表大会を学ぶ会”(:給食室)の状況等を編集した、『特別活動部通信・FEATURE ARTICLES VOL.20』の

概要。発表大会を学ぶ会では、概ね静粛な雰囲気が醸し出される中、国語科の先生方による説明を傾聴していたのが印象的だった。 】