「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第63回: 大分県高校定通生徒生活体験発表大会』= MEMORIAL・SELECTION②を記載しました。

学校からのお知らせ

『第63回: 大分県高校定通生徒生活体験発表大会』= MEMORIAL・SELECTION②を記載しました。
2018年11月02日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 各分掌担当等、関係各位 ]  ※参考= アイテム更新 11月 2日(金) 18:32             

◎本年度1~2学期に実施された学校行事や各種コンペティション、諸活動の様子を中心に、セレクション形式でオフィシャルHP上に記載して

来たダイジェストシリーズも、今回で第24作目。これまでに紹介した各種VERSIONに関しては既に多くの方々が閲覧されたようで、大多数の

大工健児が体現する意欲的なアクティビティを“特活通信:芳豊”や“大工定時制ニュース”、またはそれ以外のアイテムを通じて取り上げる

ことによって、真摯な態度で学校生活に臨んでいる大部分の定時制メンバーのスクールライフが更に充実したものとなるよう、きめ細かい

対応が出来ればと考えています。今回、WEB上で紹介する「第63回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」(於:県立

爽風館高校アリーナ1)についても、国語科の松本・藤本両先生をはじめ、本校の多くの先生方のサポートに依拠する形で、大工定時制

代表の永居流聖(2E)が堂々たる発表を体現したことに象徴されるように、大分県下3校4課程から選出された5名の代表メンバーが一堂に

会し、それぞれの就学体験や課外活動等を通じて培った貴重な糧を、独自の感性を織り交ぜながら意見発表することで、聴衆として参加した

定時制・通信制各課程に在籍する生徒諸君のセレンディピティ(成長度合)に好影響を与えるという観点からも、多くの関係者にとって稀有な

機会になったのではないかと思われます。

[10月 19日(金)に実施された『第63回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』に於ける大工定時制をはじめ

  各校代表による発表の様子等を纏めたダイジェスト。選出メンバーによる卓越したスピーチが体現され、クォリティの高い大会となった。 ]