「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第62回・大分県高校定通生徒生活体験発表大会』本番まで2週間余...。本番に備えて"賞状区分"や"掲示物制作"、"DVD作成"等、多様なオペレーションをクリア。= 準備概況②

学校からのお知らせ

『第62回・大分県高校定通生徒生活体験発表大会』本番まで2週間余...。本番に備えて"賞状区分"や"掲示物制作"、"DVD作成"等、多様なオペレーションをクリア。= 準備概況②
2017年10月04日

 

[ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 10月  4日(水) 21:27  

◎既にオフィシャルHP上のコンテンツでも記載したように、『第62回・大分県高校定通生徒生活体験発表大会・各校代表者会議』や『事務局

スタッフ・ミーティング』等、10月20日(金)に予定される大会本番に向けて、各種カンファレンスを概ね順調に消化しているシチュエーションが

現出されている大工定時制点描。各種アイテムを通じて紹介して来ましたが、江口教頭をはじめ藤本・後藤・中島等の先生方から構成される

事務局スタッフは勿論本校の各係業務を担う先生方による手厚いバックアップ態勢が円滑に機能すると同時に、大工全日制課程勤務の

仲道裕馬先生(書道)に制作を依頼した会場掲示用案内や大会次第、更には各校代表生徒氏名、並びに演題等の準備物についても、仲道

先生が内包するハイレベルのポテンシャル(潜在能力)を駆使した迅速なクリエーション作業によって、特段の問題なく詳細なセッティングが

進行。県下の定時制・通信制在学メンバーにとって、文化的行事に於ける一大イベントの実施に向けて、円滑なアプローチが継続されている

雰囲気が醸し出されています。9月中旬~本日までの段階で、各種賞状やトロフィ、楯、副賞等の贈呈品の確認作業や後藤先生が主導する

DVD制作についてのアクティビティも、ほぼ予定通りのスキーム(計画)を遂行出来ているような状況であり、諸々のイレギュラー事象への

対応についても専門科や普通科の主要な役割を受け持つ先生方のサポートを得ることによって、大会運営に関するロードマップ(行程)は

漸次安定した軌道を描きつつあるように思われます。

[ 9~10月にかけて、大工全日制課程勤務の仲道先生(書道)に制作・編集を依頼した各種掲示物や賞状の概要と、事務局の先生方による

様々な資料の確認作業等の風景。 ]