「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第61回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』が行われました。

学校からのお知らせ

『第61回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』が行われました。
2016年10月21日

 

  [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当・総務他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 10月 21日(金)      

◎大分工業高校定時制代表・木塚勇人(1年・機械科)が落ち着いた発表を体現…。大分県下各校の定時制・通信制課程に在籍する代表

生徒によるオリジナリティ溢れるプレゼンテーションにより、多彩な内容が現出された『第61回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活

体験発表大会』。本校代表として発表に臨んだオレイター(弁士)木塚は、身の丈に応じた範疇で素直な意見や感性を発表し、田邉先生の

指導下、現時点での自分の置かれたシチュエーション等を勘案しながら、精一杯のアプローチを披露することが出来たのではないかと

思われます。今後は、当該大会で大部分のメンバーが意義ある内容を発表したことからも分かるように多くの関係者のシンパシー(共感)を

集め、真の意味でのプログレス(進歩)に繋がるようなプレゼンテーションを具現化することこそが何よりも肝要であり、毎日の地道な学習

活動やアルバイトに取り組んでいる“素顔の自分”をオリジナルな観点から表現することを主眼とした「生活体験発表大会」を実現すべく、

関係者や生徒諸君の意識改革やコンセンサス(共通認識)の形成を図ることが期待されています。

[ 10月21日(金)、大分県立中津東高等学校体育館で開催された、『第61回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表

大会』(大分県定通教育振興会主催:平岩純子会長)の様子。各校代表生徒による意欲的な発表が体現され、聴衆として参加した

大工定時制の一般生徒も真摯な態度で行事に臨む一方、中津東高校全日制課程の1年生メンバーによる“聴く態度”も全体として

静粛な雰囲気が現出されていた。 ] ※記載写真は、行程途中「道の駅 なかつ」でのデータを含んでいます。