「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第60回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』(於:日田高校)で具現化される、大工健児のEssential...。 

学校からのお知らせ

『第60回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』(於:日田高校)で具現化される、大工健児のEssential...。 
2015年09月29日

 


 [ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部他、関係各位 ]

◎9月中旬、オフィシャルHP上のコンテンツでも紹介した通り、来たる10月16日(金)大分県立日田高等学校を会場として、『第60回:

大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会』がされる予定ですが、昨年、県立爽風館高校体育館に於いて開催された

“第59回大会”では、大分工業高校定時制・電気科3年(前回大会時)の竜一央君が堂々たる発表を披露して、見事に優秀賞を受賞。

第58回大会の福元君(本校機械科卒業)や第57回大会の朝久野君(本校機械科3修制卒業)、第56回大会の木田君(本校機械科

卒業)が栄えある最優秀賞に輝くなど、大工健児のエッセンシャル(取り組みの本質)とも言うべき意欲的なアプローチが、課外活動や

各種大会を通じて素晴らしい成果を収めていることを改めて証明する形になっています。今回、本校代表として県大会に出場する

4年電気科の池田翔悟君についても、7月の校内選考会での卓越した発表内容や真摯なプレゼンテーションの様子等を鑑みた場合、

本大会に於ける上位入賞に向けての期待が、徐々に豊饒されつつあるといった雰囲気が醸し出されています。

 これから池田君は、限られた時間を有効に活用すべく、発表練習等のプログラムに取り組むことが予定されていますが、大会本番

まで残された3週間余りの期間をより有為なものとすべく、明確なプレゼンスに立脚したスピーチを体現することが期待されています。

[ 「平成26年度:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」の様子。各校代表の生徒が素晴らしい発表を

披露した結果、本校電気科3年・竜一央君(当時)が、見事に優秀賞を受賞した。 ]