「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "第58回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会"記録集が作成されました。

学校からのお知らせ

"第58回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会"記録集が作成されました。
2014年01月30日

 ◎昨年10月18日(金)に実施された“第58回:大分県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会”の

大会記録冊子がこの程完成し、2月初旬までに大分県下のIMG_4471 (2).jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

関係各校に配布される予定になっています。前回のコンテンツ

でも紹介した通り、本校総務部の橘教諭による卓越した企画・

編集センスに依拠する形で作成された「大会記録DVD」に

関しては既に各学校への配布が完了しており、ハイグレードな

仕上がりに関して高い評価を頂いた旨の連絡を承り、事務局

としても心より感謝申し上げる次第です。

 

 今回配布される“大会記録冊子”は、標記大会に参加した

「大分工定・中津東定・日田定・爽風館通信制・爽風館3部制」

の各校代表による発表作品と関係資料等が纏められており、

それぞれのメンバーが取り組んで来た意欲的なアプローチの

軌跡を垣間見ることが出来ます。記録集に収められている

豊島範幸大分県高等学校定通教育振興会長からのメッセージ

を、下欄に記載していますので参照して頂きたいと思います。                

  

 

                                          [“本年度:生徒生活体験発表大会”の冊子を持つ、最優秀賞の福元蓮君。]

 

 

        『 脈々と受け継がれる、定通の伝統 』                             大分県高等学校定時制通信制教育振興会会長 豊 島 範 幸

 爽やかな秋の風が感じられる10月18日(金)、大分工業高校体育館を会場として、県内の定時制通信制高校の生徒による“第58回大分県

高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会”を、盛大に開催することができました。

 当日は、来賓として大分県教育委員会より高畑一郎高校教育課長、大分県議会より平岩純子議員、首藤隆憲議員をはじめ、多くの方々の

ご臨席を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。また、審査委員長の野崎邦康様をはじめ審査員の皆様には、審査のみならず温かい励ましの

言葉を頂戴し、改めて心より感謝申し上げます。

 更に、後援をいただきました大分県教育委員会をはじめとする教育関係機関の皆様、OAB大分朝日放送他放送各社、並びに

大分合同新聞社他新聞各紙による心温まる応援に深く感謝いたしております。

 この定時制通信制の生徒による発表大会は、定時制通信制教育が始まった昭和23年に始まり、全国大会は今年で61回、大分県大会は

58回を数えます。高等学校の定時制通信制課程は、戦後間もない時代、働きながら学ばざるを得なかった若者にとって、かけがえのない

学びの機会となり、現在の日本を支える数多くの人材がここから輩出されました。その後、社会の変化により、その意義は当初とは多少

変わってきてはいますが、それぞれが抱える困難を克服し、懸命に生きる生徒一人ひとりが、自らの力で未来を切り拓いていく苦労と努力の

体験談は、今も何ら変わりはありません。

今大会においても、各学校の代表生徒が、仕事や学業の合間の時間を惜しんで一生懸命練習したその成果を、それぞれの熱い

思いの丈を込めて堂々と発表してくれました。悩んだことや苦しかったこと、そして乗り越えてきた苦労の数々は、私たちの胸を激しく

揺さぶりました。きっとその熱い思いは、会場から真剣な眼差しを注いで下さった皆様方一人ひとりの心の奥で、決して消えることのない

希望と勇気の灯となって燃え続けることでしょう。

 今大会の最優秀賞に輝いた大分工業高校定時制の福元蓮君が発表した『信念をしなやかに』は、11月24日(日)に東京都内の

「六本木ヒルズハリウッドプラザハリウッドホール」で開催された全国大会において、見事に「厚生労働省職業能力開発局長賞」を

受賞しました。本体験発表記が、発表者の熱い思いを改めて皆様方に伝える一助となれば、主催者として幸いです。

 最後になりましたが、本大会の開催と運営にあたりご尽力いただきましたすべての皆様方に、心から感謝申し上げますとともに、

大分県の高等学校の定時制通信制高校の益々のご発展を祈念いたしまして、発刊のご挨拶といたします。