「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第52回:大分県高等学校定時制通信制体育大会』各部活動概況⑧ = "バスケットボール競技・セレクション"

学校からのお知らせ

『第52回:大分県高等学校定時制通信制体育大会』各部活動概況⑧ = "バスケットボール競技・セレクション"
2018年06月25日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 各部活動顧問等、関係各位 ]  ※参考= アイテム更新  6月 25日(月) 19:57                

◎6月10日(日)の大会終了等を踏まえて、これまで7回に渡って各種活動の取り組み概況を紹介して来た“平成30年度:第52回大分県高等

学校定時制通信制体育大会”ダイジェスト・シリーズですが、同窓会各位をはじめ保護者や学校関係者等、多くの方々に好評を博している旨、

連絡を頂いており、第1クールの総括として当該アイテムで紹介するバスケットボール部に関しても、部顧問による統括下、部員達の定量的な

アクティビティをデータ・プロダクトを通じて参照して頂ければ幸いです。これまで、オフィシャルHP上の関連コンテンツでも紹介した通り、

本年度の定通県体に於いては、競技参加校が1チームのみ(大工・定)という関係もあって、県体当日に他校との全国大会を目指すマッチ・

アップ等は行われなかったものの、形岡・伊東・後藤・平井・柴田・宇津宮の各顧問による指導に依拠する形で、田原キャプテン(3M)を中心に

毎日の練習で培ったスキルを概ね涵養しつつある取り組みは一定の実績として認定出来るものであったように感じています。今後は、定通

県体に向けたトレーニングや部員相互のコミュニケーション能力の向上等、一連のアプローチを通じて会得した様々なファクター(資質)を、

学校生活に於ける学習活動や各種行事の遂行といったプロセスで、生徒個々人が如何に有効な要素として活用することが出来るのか、

それぞれの一挙手一投足に注目が集まっています。

[ 『第52回大分県高等学校定時性通信制体育大会』各種活動ダイジェスト.⑧として編集した、大工定時制・バスケットボール部に

関する“FEATURE ARTICLES”。部員たちは、部顧問による丁寧なサポートに依拠する形で、一連のトレーニングを通じて体得した

多くの糧を、今後の学校生活の中で有為に活用することが期待される。 ]