「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "第50回:大分県高等学校定時制通信制体育大会"= 各部練習紹介シリーズ⑤: ソフトテニス部

学校からのお知らせ

"第50回:大分県高等学校定時制通信制体育大会"= 各部練習紹介シリーズ⑤: ソフトテニス部
2016年06月03日

 

[ コンテンツ記載= 関係分掌担当 他 ] ※部活動顧問データ等使用。

◎本日(6月 3日)、AM10:00より“第64回:大分県高等学校総合体育大会”の総合開会式が実施され、大分県下62校の代表メンバーが

陸上競技のメイン会場となる大分市営陸上競技場で一堂に会して、溌剌とした入場行進を体現した様子が伝えられていますが、先行実施

競技に引き続き、6月4日(土)から本格的に始まる各種競技に関しても、各校からエントリーした7461名の精鋭たちによる熱戦が期待されて

います。大工全日制課程の生徒諸君も、午前中に行われた総合開会式では“大工魂”を遺憾なく発揮し、堂々たる行進ぶりを披露した様子が

大工FBをはじめとする各種SNSツールを通じて発信されていますが、大工健児が共有する“志魂の情熱”を本校定時制メンバーが来たる

“第50回:大分県高等学校定時制通信制体育大会”に於いてどのような形で具現化するのか、注目が集まるところです。

 前回までのコンテンツでは、本年度の定通県体に出場する各部紹介シリーズとして柔道・卓球・陸上競技・バドミントン等の取り組み概況を

記載して来ましたが、今回のソフトテニス部に関しても、外山・福澤・田邉・児玉の各顧問による統括下、4名の部員たちが丁寧なレクチャーを

受けながら、それぞれのスタンスに依拠したトレーニングを継続中であり、大会本番(6月12日)を意図した各部毎の練習は、益々熱気を

帯びたものになることが予想されます。 

【 部活動紹介シリーズ⑤として記載した、「ソフトテニス部」の練習風景。4名の部員たちは、部顧問の先生方による丁寧な指導を受け

ながら、真摯な取り組みを体現したが、来たる6月12日(日)の定通県体をシミュレートしたトレーニングを経ることによって、生徒各人の

 スキルは徐々に涵養されつつあると思われる。 】