「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 池田翔悟君(4E)の"高校生技能振興奨励賞"受賞の快挙を讃え、本校定時制教育振興会・進路指導部等のご支援を賜り、正門横に横断幕を設置しました。

学校からのお知らせ

池田翔悟君(4E)の"高校生技能振興奨励賞"受賞の快挙を讃え、本校定時制教育振興会・進路指導部等のご支援を賜り、正門横に横断幕を設置しました。
2016年02月26日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部他、関係各位 ]

◎前回、2月16日(火)のコンテンツでも紹介した通り、本校電気科4年の池田翔悟君が超難関資格として知られる"2級技能士・電子機器

組立試験合格"と“県内就職”(新日鉄住金大分製鐵所)という高いハードルを見事にクリアし、この程、大分県下の定時制生徒としては

初受賞となる『平成27年度:高校生技能振興奨励賞』の栄誉に輝いたことを記載しましたが、昨日(2月25日)、本校定時制教育振興会や

進路指導部の御協力を頂く形で、正門横のフェンス沿いにその素晴らしい活躍を賞賛する旨の横断幕(1枚)を設置しました。彼は本校

定時制課程に在学中、生徒会長としての重責を担い、学校周辺の環境美化活動やエコキャップ・書き損じハガキ・使用済み切手等の寄託

事業を推進するCSR(社会貢献)活動の主導的役割を果たす一方、同じクラス(3E=当時)の竜一央君とのペアで出場した“平成26年度:

高校生ロボット相撲大分県大会”では、機械科の福澤先生による統括下、緻密な頭脳戦を完遂させ、初出場・初優勝[ラジコン型部門]の

偉業を達成。更には、最高学年となった本年度は“NBUジャパン・マイコンカーラリー大分県大会”に同じく竜君と共にエントリー。ここでも、

形岡・友永両先生(電気科)による丁寧なサポートが奏功し、ADVANCED部門でベスト8に進出すると同時に、昨年11月に沖縄県で開催

された“2016ジャパン・マイコンカーラリー九州地区大会”への出場権を獲得するなど、本校電気科や学年所属の先生方による重層的な

バックアップ体制に依拠しながら、多岐に渡るジャンルで刻まれた輝かしい『栄光の軌跡』は、長い歴史と伝統を誇る大分工業高校に

とっての新たなディテール・ファクター(確固たる構成要因)を付加してくれたように感じています。彼が体現した様々なアクティビティに

関しての詳細記載は、非常に長くなることが予想されますので別途コンテンツで改めて紹介することにして、取り敢えず今回は、活動概略に

留めたいと思います。

[ 本校定時制教育振興会・進路指導部等のご協力を頂き、正門横のフェンス沿いに設置された、池田翔悟君(4E)の“平成27年度:

高校生技能振興奨励賞”受賞を讃える横断幕と、「本年度:文化のつどい」や「各科課題研究発表会」等に於ける“ジャパン・マイコンカー

ラリー”関係の各種アプローチの様子。これまでの活躍も含めて、彼に代表される大工健児の意欲的な取り組みを、学校や地域社会等、

多くの関係者が温かい眼差しで見守っている。 ] ※記載データは、“大工定時制FEATURE ARTICLES”シリーズ各種ファイルを含む。