「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『平成31年度: 生徒会役員立候補者立会演説会』、並びに『生徒会役員選挙』が行われました。 [REPLETION]

学校からのお知らせ

『平成31年度: 生徒会役員立候補者立会演説会』、並びに『生徒会役員選挙』が行われました。 [REPLETION]
2018年12月10日

[ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 12月 10日(月)  21:25

                                                                                                       2回目更新 12月 12日(水) 15:21

◎12月 10日(月)、「平成31年度:生徒会役員」の立候補者による立会演説会と生徒会役員選挙が行われました。今回の選挙には、生徒会長・副会長・書記・会計の各役職に対して6名の生徒が立候補し、全校生徒をはじめ各学年所属の先生方が見守る中、立会演説会では次期生徒会役員に立候補するに当たって、それぞれが端的な表現でコメントを披露。この日は、1限目のLHR時間帯を利用して生徒会役員選挙関係の行事を実施した訳ですが、一連の取り組みに関しては後藤生徒会顧問等を中心とした指導下、4年生の選挙管理委員会代表の安藤委員長(4M)と黒木副委員長(4E)による司会進行に依拠する形で全大会が遂行され、立候補者[生徒会長候補=田原(3M)、副会長候補=福田(2E)・永居(2E)、書記候補=白坂(2E)・牧(1M)、会計候補=庄司(2E) ]が、自己紹介や個別の考えについて、平易な言葉を用いて発言していたのが印象的でした。演説会終了後、各クラスの選挙管理委員による投票案内や全校生徒による投票活動等が行われ、今週12月12日(水)に予定されている「生徒会役員任命式」を経て、正式に“新生徒会態勢”がスタートする訳ですが、これまでの昨年度の河野生徒会長(当時=4E)等を中心としたスタンダードなアプローチを継承し、更なる学校の活性化化に向けて新役員がどのようなイニシアチブ(主導権)を発揮出来るのか、一挙手・一投足に注目が集まっています。

 

[12月 10日(月)に実施された、『新生徒会役員立候補者立会演説会』の様子。現生徒会については、特別活動部の後藤・友永・藤本・柴田・平井等の先生方によるサポート下、概ね円滑な行事進行が成されており、自己紹介並びに今後の抱負等について、簡潔な発言を行ったメンバーが内包するポテンシャル(潜在能力)の涵養が期待されている。 ]