「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "平成30年度:各種活動FEATURE ARTICLES"スピンオフ・エディション.40 = パーソナル・プログレス(個性の漸進)を意図したアプローチの数々...。

学校からのお知らせ

"平成30年度:各種活動FEATURE ARTICLES"スピンオフ・エディション.40 = パーソナル・プログレス(個性の漸進)を意図したアプローチの数々...。
2019年02月22日

[ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 2月 22日(金) 21:15 

◎本年度39回に渡って、各種行事や課外活動等の実施概況に関して、特活アイテム増刊号としてオフィシャルHP上への記載を行って来た『平成30年度:大工定時制・各種活動FEATURE ARTICLES シリーズ』。当該HPのコンテンツを通じて、同窓生や保護者、更には多くの学校関係者が生徒諸君の躍動する姿や意欲的に行事に取り組む様子を閲覧して頂いている状況については、以前にも紹介した通りですが、各分掌や学年所属の先生方による効果的なサポート態勢に依拠しながら、田原生徒会長(3M)や福田・永居両副会長(共に2E)、或いは白坂(2E)・牧(1M)両書記や庄司会計(2E)等の生徒会スタッフをはじめとする、大部分の生徒諸君が多岐に渡る分野で端的なアプローチを体現している成果が結実した形になっていると思われます。本日から始まった「平成30年度:学年末考査」も、週末を挟んで残りあと3日。3月には「卒業式」や「高校入試」等、正に年度末ならではの各種行事が目白押しといった状況が続きますが、大工定時制メンバーに関してはこれまでの様々なイベントを通じて培った経験やノウハウを踏まえつつ、それぞれが学校生活全般に渡って“コモンセンス・リネージ”(常識性の系譜)を意図した更なるブラッシュアップを具現化することが期待されています。 


[ “平成30年度:各種活動FEATURE ARTICLES”シリーズの第40号。「生徒会活動」や「文化のつどい」、更には「定通体育大会」等、多岐に渡る分野で、大工健児の継続的なアクティビティが体現された。 ]