「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 従容自若を体現する"平成30年度:生徒会"...。"大工定時制・各種活動FEATURE ARTICLES⑨" = 「生徒総会特集」を記載しました。

学校からのお知らせ

従容自若を体現する"平成30年度:生徒会"...。"大工定時制・各種活動FEATURE ARTICLES⑨" = 「生徒総会特集」を記載しました。
2018年06月27日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 6月 27日(水) 21:29        

◎昨年12月13日の正式発足以来、学校行事をはじめとする各種アクティビティを通じて、随所で意欲的なアプローチを体現してきた“本年度:

生徒会”。これまでオフィシャルHPアイテムでも紹介した通り、多様なジャンルに渡って安定した取り組みを実現した“平成29年度:生徒会”の

定量的な実績を継承発展すべく、田原生徒会長(3M)や福田書記(2E)、更には庄司・白坂両会計(共に2E)等の役員を中心とする気鋭の

メンバーが生徒会スタッフに名を連ねることで、第2学期に予定されている「体育大会」や「文化のつどい」、あるいは「CSR」(社会貢献)活動等

に関する堅実なアクションが、更なるグレードアップを遂げることが期待されています。今回記載した、“平成30年度:生徒総会”のコンテンツ

からも分かるように、後藤・友永・平井の各生徒会顧問による丁寧なサポートに依拠する形で、生徒会役員や林議長(4E)等を主体とする

従容自若の取り組みが多くの一般生徒にプラスの波及効果をもたらし、結果として大工健児全体が内包するポテンシャルのブラッシュアップに

寄与するという雰囲気が徐々に豊饒されるといった、スパイラル・フェノミナン(現象)が期待されるところです。第2学期も、本年度のスキーム

(活動計画)を参照しつつ、以前の秀逸若しくは実直な生徒会役員から脈々と受け継がれる“大工定時制的オピニオン”(方策・考え方)を現任

メンバーがどのような形で具現化するのか、彼等が織り成す今後のプログレス(進歩・発展)に注目が集まっています。

[ 今月中旬(6月15日)、本校給食室で実施された“平成30年度・生徒総会”に関しては、これまでのコンテンツでも紹介した通り、

田原生徒会長(3M)等を中心とする役員スタッフが、後藤・友永・平井の各顧問によるサポート下、真摯なアプローチを体現したことで、

概ね整然とした雰囲気の中で全体会が進行された。 ]