「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "平成30年度:各種活動 FEATURE ARTICLES スピンオフ・エディション NO.2"= 『大工・入学式』を踏まえ、新たなダイレクション(達成目標)を志向する定時制メンバー。

学校からのお知らせ

"平成30年度:各種活動 FEATURE ARTICLES スピンオフ・エディション NO.2"= 『大工・入学式』を踏まえ、新たなダイレクション(達成目標)を志向する定時制メンバー。
2018年04月13日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 4月 13日  21:24             

◎4月10日(火)に行われた『平成30年度:大工・入学式』から早や3日。新入生メンバーは、行事予定の「対面式」や「オリエンテーション」、

更には「写真撮影」や「身体測定」、「クラス役員・部活動希望調査記入」等のスケジュールを、財津先生(1学年主任兼1M担任)や黒木先生

(1E担任)を中心とする学年団の先生方による多面的なサポート態勢に依拠しながら、特段の支障なく遂行。本日も、教室等で行われた個人

面談の様子等を勘案すると、徐々に本校での生活に慣れつつある姿が散見され、新たな環境の下でそれぞれが意図する目標をどのように

構築すべきか、試行錯誤している様子が伝わって来ます。前年度までの特別活動通信『芳豊』のコンテンツに関しては『各種活動・FEATURE

ARTICLES シリーズ』として大工定時制メンバーが取り組んだ諸活動のデータ・ファイルを編集して紹介して来ましたが、新年度に於いても、

各種行事のスピンオフエディションを適宜、作成する予定ですので、参照して頂ければ幸いに存じます。

[ 記載データは、『平成30年度:大工・入学式』の様子をダイジェスト形式で纏めた“FEATURE ARTICLES スピンオフエディション.NO.2”。

安野校長が式辞で述べた「変革マインドの重要性」や、定時制教室に於ける挨拶で江口教頭が触れた「年間皆勤賞を達成したメンバーに

代表される継続的アプローチの涵養」等、新たな環境下での歩みを刻む1年生諸君にとって、正に激動の時代の中で個々人が内包すべき

コンセプトは多岐に渡っている。 ]