「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "平成30年度・4月期 大工定時制生徒会 環境美化活動"(『平成30年度: おおいたうつくし作戦協力活動』)が実施されました。

学校からのお知らせ

"平成30年度・4月期 大工定時制生徒会 環境美化活動"(『平成30年度: おおいたうつくし作戦協力活動』)が実施されました。
2018年04月03日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 各分掌担当等、関係各位 ]  ※参考= アイテム更新 4月 3日(火) 21:27                   

◎これまで、学校オフィシャルHP上のコンテンツでも紹介したように、就職・進学等のための継続的な資格取得勉強やアルバイト、更には

各種コンペティションへのチャレンジ等、毎日のライフワークをより有効なものにすべく色々な先生方のサポートを仰ぎながら、大多数の

メンバーが真摯な取り組みを続けている様子が散見される“大工定時制健児”。数多くの秀逸な活動を体現した前生徒会によるアプローチを

継承する形で、現在の田原生徒会長(3M)や福田書記(2E)、庄司・白坂両会計(2E)等から構成されるスタッフも、様々な分野で少しずつ

意欲的な取り組みを具現化して行こうとする姿勢が窺われます。そうした中、前年度1Eのクラス担任を務めた本校の羽田野先生も参加して

本日(4月3日)、平成30年度・第1回目の生徒会活動を実施。大分県生活環境部・地球環境対策課が主管する『平成30年度:おおいたうつくし

作戦活動』に協力する形で、学校周辺の通学路に於ける環境美化活動に取り組んだ訳ですが、前年度に引き続き本校・全日制生徒会等が

行っている“継続的な環境美化活動”というアジェンダをモチーフとしながら、現生徒会が定時制独自の活動スタンス(アルバイト終了後の

効率的な取り組み)に依拠する形でのコンセプトの充実を如何に図って行くべきか、組織全体の改善点は未だ未だ多いものの、生徒個々人の

スキルは着実に涵養されつつあるようです。

[ 本日(4月3日)、『平成30年度:おおいたうつくし作戦』への協力活動の一環として実施された生徒会スタッフによる「平成30年度・4月期

環境美化活動」に関しては、学校への通学路を中心に、ペットボトルや空缶、食品包装紙やタバコの吸殻等の回収に取り組んだ。 ]