「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『平成30年度: 新任式』、並びに『第1学期・始業式』が行われました。

学校からのお知らせ

『平成30年度: 新任式』、並びに『第1学期・始業式』が行われました。
2018年04月09日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 4月 9日(月) 21:27                    

◎4月 9日(月)、本校給食室に於いて、“平成30年度1学期始業式”が実施されました。新2・3・4年生は、江口教頭をはじめ、新年度の

学年担当や分掌所属の先生方が温かい視線を送る中、それぞれが今後の学校生活の充実に向けて、気持ちを新たにしているようでしたが、

式次第の中で安野校長は、4月5日付大分合同新聞朝刊に紹介された旧1Eメンバーの「年間皆勤賞達成」に関する記事を引用しつつ、継続

することの大切さや挨拶の励行など礼節を守ることの必要性等について言及。同時に大分工業高等学校の校訓である「正確」・「勤勉」・

「健康」の本質を踏まえた上で、判断力や行動力等の涵養を図り、一方で健全な精神・身体を保持するための努力を継続することの大切さに

触れられ、進路決定や専門教養の拡充、更には資格取得の実現等に向けて生徒個々人が地道な取り組みを体現する必要性について

述べられました。また、始業式に先立って行われた新任式では、本年度赴任された坂本統括事務長をはじめとする13名の先生方が安野

校長から紹介され、代表して国語科の松本先生が着任の挨拶を述べられましたが、意欲的な先生方の姿を目の当たりにして、生徒諸君も

本校に於ける様々な取り組みの充実に向けて更なるステップアップを期すべく、静粛な空気が醸し出されていたのが印象的でした。

[ 4月 9日(月)に実施された『平成30年度:新任式、並びに始業式』に関しては、大部分の生徒が真摯な態度で式に臨み、

静粛な雰囲気の中にも新学期に向けたアプローチの端緒が垣間見えた。 ]