「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第30回・ 全国産業教育フェア 大分大会』(さんフェア おおいた 2020)実施概要。 [REPLETION ]

学校からのお知らせ

『第30回・ 全国産業教育フェア 大分大会』(さんフェア おおいた 2020)実施概要。 [REPLETION ]
2020年10月21日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ] ※参考= アイテム更新 10月 21日(水) 21:15             

                                                                              2回目更新 10月 22日(木) 16:35            

◎平成3年度より、各県が持ち回りで開催している『全国産業教育振興大会・全国産業教育フェア』 の大分大会が、来たる10月24日(土)別府ビーコンプラザをメイン会場(参集型開催・インターネット開催)として実施される予定ですが、第30回となる当該大会に関しては本校の原校長や江口教頭、安藤主幹教諭をはじめとする学校幹部を中心に、スタッフとしての業務を担う専門科(機械科・電気科)の先生方も前日段階から会場準備や各種セッティング等に専心するなど多様なオペレーションに従事。大分県では初めての開催となるビッグプロジェクトの成功に向けて、早い時期からアレンジメント(諸準備)を遂行して来た多くの先生方の努力と熱意の結晶が、コンベンションに鮮やかな彩(いろどり)を添える“さんフェア おおいた 2020”の各種ディテールに注目が集まっています。「全国産業教育フェア」については、専門高校等の生徒の学習意欲や魅力的な教育内容についての理解・関心を高め、産業界と連携して産業教育の活性化を図ることを目的として実施される大会であり、30回を数える今大会に関しては「 一生懸命(しらしんけん) 努力は未来を変える 産業の力は世界を変える」をテーマとして別府市で開催。本校の生徒諸君によるプレゼン等は予定されていないものの、各県の専門高校や学科等に在籍する生徒諸君の日頃の学習成果や技術、更には各種産業が内包する魅力そのものを全国に発信するといったスケジューリングが設定されており、先進的な取り組みを体現し、卓越したポテンシャル(潜在能力)を発揮する全国各地の優れた「エンジニアの卵」をモチーフとすべく、これまで意欲的な活動を継続して来た大工定時制メンバーについても、更なるブラッシュアップが期待されるところです。

[ 記載データ=「令和元年度:各種活動SUMMARY ARCHIVE’S」シリーズとして作成した“全日本ロボット相撲大会 2019 九州大会特集”、並びに"ジャパン・マイコンカーラリー2020 九州地区大会特集”や"第2学期・各種活動ダイジェスト・セレクション"。大工定時制を代表して参加した生徒諸君は、専門科の先生方による手厚いサポートに依拠しながら、上記大会を通じて真摯な競技スタイルを完遂。今回『全国産業教育フェア 大分大会』に於ける本校メンバーのエントリーはないものの、ハイレベル大会で披露される多様なアクティビティを参考にして、一層のスキルアップを具現化することに関心が高まっている。]