「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和2年度・ Ed-Tech導入学習』(すららネット)実施概況 = [Ⅰ]

学校からのお知らせ

『令和2年度・ Ed-Tech導入学習』(すららネット)実施概況 = [Ⅰ]
2020年10月09日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ] ※参考 = アイテム更新 10月 9日(金) 17:41                   
◎10月初旬以降、西~東日本方面を中心に日中の寒暖差が大きくなる一方、全国各地で初秋の佇まいを感じさせるようなシチュエーションが現出されていますが、コロナ禍の影響で1カ月繰り下がった就職試験が10月16日(金)に開始されるのをはじめ、専門科に関する資格取得学習やその他の学校行事に備えるべく、アルバイト後や放課後の空き時間を使って、それぞれのスキルアップを念頭に置いた独自の取り組みを体現している生徒諸君の姿も散見されます。また、学習・生活両面での充実度合いに改善の余地を残すメンバーについても、各人が置かれた状況と一定の折り合いを付けながら、自己研鑽の姿勢を示そうとしているシーンも幾つか見受けられるなど、大工健児が直面する環境は決して平坦なものばかりではないように思いますが、先生方や保護者各位によるサポートを受けながら個別のストラテジー(長期計画)を確立すべく一意専心のアプローチを具現化した成果が、ここ数年の卓越した実績に繋がっている訳であり、定時制メンバー全体の更なるブラッシュアップが期待されるところです。そうした中、今週の火曜日(10月6日)から3日間のスケジューリングに依拠する形で「教育に変革を 子どもたちに生きる力を。」を学習理念とし、アダプティブな対話式 ICT 教材「すらら」と「すららドリル」を関係機関に提供することによるダイバーシティ・アクティビティを展開する「すららネット」を用いた学習活動を、4限目の授業終了後の時間帯に『令和2年度・Ed-Tech導入学習』の一環として実施。総務部の宇津宮・後藤両先生による主導下、1・2年生= ニューメディア教室、3・4年生= CAD教室といったグループ分けに基づいて、全校の生徒諸君が意欲的なアプローチを体現した訳ですが、1・2年生の実習教室では、後藤先生による俯瞰的レクチャーを生徒たちが静粛な雰囲気の中で傾聴。初日=数学、2日目=国語、3日目=英語という設定科目に従い、PCの画面に表示される問題を解いた後に添削指導画面で内容を確認する一方、成績チェック等のオペレーションも併せて遂行したメンバーは、生徒たちの進捗状況や理解度を勘案しながら、机間巡視によるサポートを継続した学年所属の先生方による手厚いバックアップ態勢の恩恵も受けながら、総じて和やかな雰囲気の中で活動を終えることが出来たようです。

[ 10月5日(火)~7日(木)の日程で行われた『令和2年度・Ed-Tech導入学習』(すららネット)の様子。1・2年生が当該学習を行ったニューメディア教室では、多くのメンバーが真摯な態度でPCを操作し、設定問題をクリアすべく、意欲的なアプローチを具現化した。 ]