「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 「平成29年度:校内統一テスト・成績優秀者表彰」等で垣間見える、定時制メンバー独特の"セレンディピティ"(成長度合い)...。

学校からのお知らせ

「平成29年度:校内統一テスト・成績優秀者表彰」等で垣間見える、定時制メンバー独特の"セレンディピティ"(成長度合い)...。
2017年09月12日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム更新 9月 12日(火)  21:27     

                                                         2回目更新  9月14日(木) 20:53           

◎9月1日(金)、「平成29年度:第2学期・始業式」に引き続き、本校給食室に於いて実施された「9月期・校内統一テスト」。全校生徒が

取り組んだ“本年度・夏季休暇課題”を出題範囲として、数学・国語・一般常識の3科目の学習内容に関する問題を50分という限られた時間の

中で解答するプログラムに依拠する形で行われた訳ですが、アルバイトや課外活動、更には面接練習等、それぞれが置かれた多様な生活

環境を勘案しつつ、独自のプライオリティ(優先判断基準)を以て学習活動との並立を図るべく、意欲的なアプローチを体現している大工定時制

メンバーが少なからず存在するという事実に対して、同窓会各位(東京豊工会等)をはじめとする関係者から激励の声が寄せられているという

ことは、周知の事実です。今回の試験は、例年と同じく「全学年統一問題」かつ「就職試験対策」の一環として実施され、夏季休暇課題への

取り組みと同様、“全学年統一の内容を学習し、生徒一人ひとりの学習活動の定着と学習意欲をアップすると共に、生徒個々人の基礎学力の

向上を図る”というコンセプトの下、実施された訳ですが、著しい学習成果を具現化した生徒がいる反面、テスト勉強だけでなく、日々の学習

活動全般に渡って集中力が万全でないメンバーも散見されるなど、生徒各人が直面する課題を浮き彫りにした形になっています。

 本日[9月12日(月)]、渡邉教務主任による司会進行下、給食室で行われた「統一テスト・成績優秀者表彰式」で顕彰された生徒諸君の

継続的な努力を称えることは勿論、生徒諸君の取り組みをモチーフとする学校全体としての「大工健児的セレンディピティ」(卓越した成長

度合い)の進展や各種行事の充実など、多岐に渡るジャンルでのスキルアップに注目が集まっています。

[ 9月12日(火)に実施された「平成29年度:第2学期統一テスト 成績優秀者表彰」で、江口教頭から賞状を授与される生徒たちの様子。

アルバイトや面接練習等、生徒各人が直面する多様な生活環境に於ける理想的なバランスを確立すべく、一意専心の取り組みを継続する

大工健児の更なる躍動が期待される。 ]