「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『平成28年度 : 大工定時制機械科・課題研究発表会』が実施されました。

学校からのお知らせ

『平成28年度 : 大工定時制機械科・課題研究発表会』が実施されました。
2017年01月25日

 

  [ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 1月 25日(水) 21:23                 

◎本日(1月25日)3限目の時間帯を使って『平成28年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』が、機械科主任の外山先生による統括下、

4M教室に於いて実施されました。本校の機械科・電気科を含めた、これまでの研究概況については、一連のオフィシャルHPコンテンツでも

紹介して来た経緯がありますが、個別の研究内容を平易な言葉で発表することなどを旨として、授業担当の先生方によるきめ細かい指導を

受けながら学習活動に取り組んで来た久保田・宇薄(共に4E)という2名の生徒たちは、発表会を見学に訪れた先生方が熱い視線を送る中、

落ち着いた雰囲気を醸し出しつつ、淡々とした口調でプレゼンテーションに臨んでいたのが印象的でした。今回、二人が取り組んだ研究

内容に関しては、須崎マイスターによる全体を俯瞰した万全のサポート態勢に依拠しながら、FRP(強化プラスチック)を用いた的確な

資材加工によってエコデンカーに装着するカウルの製作にチャレンジするというプロセスを纏めたものでしたが、アルバイトやその他の活動を

勘案しながら、「課題研究授業」という地道な学習活動に相対する際に“真摯で粘り強い姿勢”を保持することの重要性を再認識することが

出来た、有意義な発表会だったと思います。

[ 1月25日(水)の3限帯に、4M教室で実施された『平成28年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』の様子。発表会本番に向けて

機械科の先生方によるサポートを受けながら、一連の準備に取り組んで来た2名の生徒は、発表参観に訪れた先生方が見守る中、

落ち着いた態度で自分たちの研究活動を披露することが出来たと思われる。 ]