「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "平成27年度:各種活動FEATURE ARTICLES"スピンオフ・エディション⑪=諸活動を通じて育まれる、大工健児の"ダイバーシティ・セレンディピティ"(多様な成長値)...。

学校からのお知らせ

"平成27年度:各種活動FEATURE ARTICLES"スピンオフ・エディション⑪=諸活動を通じて育まれる、大工健児の"ダイバーシティ・セレンディピティ"(多様な成長値)...。
2016年02月22日

 

[ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部等、関係各位 ]

◎本年度の諸活動をダイジェスト形式で纏めた“平成27年度:各種活動FEATURE ARTICLES"=スピンオフ・エディションも、今回で

11作品目。当該アイテムは、昨年の7月14日(火)に本校給食室で実施された『平成27年度:校内生徒生活体験発表大会』についての

アンソロジーです。本年度の校内発表大会については、全校生徒が給食室に集合した後、各クラス代表が個々の就学体験や部活動、

資格取得や生徒会活動等を通じて体現した意欲的な取り組みに関して、オリジナリティ溢れる内容が披露された訳ですが、毎日の学習

活動やアルバイト等、それぞれが置かれた多様な生活環境を勘案しつつ、独自のプライオリティ(優先判断基準)を以て各種行事との

並立を図るべく、意欲的なアプローチを継続しているメンバーが少なからず存在するという確固たる事実を目の当たりにして、そうした生徒

諸君に対して改めて賞賛の言葉を贈りたいと思います。今回の発表大会は、例年と同じく「大分県定通高校・生徒生活体験発表大会」の

校内選考会の一環として実施され、“生徒個々人の国語的表現力や文章作成能力の向上を図る”というコンセプトの下、素晴らしいスキル

アップを具現化した生徒がいる反面、一連の学校行事だけでなく、日々の学校生活全般に渡って取り組みが万全でないメンバーも散見

されるなど、正に「玉石混淆」といった状況が現出されていますが、『平成26~27年度:大分県定通高校生徒生活体験発表大会』で共に

優秀賞の栄誉に浴した池田翔悟・竜一央(共に4E)の2名に代表されるような積極的アクティビティをモチーフとする、“ダイバーシティ・

セレンディピティ”(多様な成長度合い)の浸透・拡充が期待される此の頃です。 ※今回記載した"平成27年度:各種活動FEATURE

ARTICLES"スピンオフ・エディション⑪=特別活動通信“芳豊”増刊号=[第1学期・校内生活体験発表大会特集]については、下記PDF

ファイルからDL出来ます。

[  昨年の7月、本校給食室で実施された“平成27年度:校内生徒生活体験発表大会”の様子。当該コンテンツに関しては、

上級生を中心に多くのメンバーがそれぞれの真摯な取り組みを披露したことで、発表会自体が引き締まった印象を醸し出した。 ]

H28、2月 芳豊 増刊号・生活体験発表大会特集。1A.pdf